人生に、もふもふを。

路上で保護され動物病院に運ばれてきた子猫。家に迎えてくれたスタッフに、サプライズいっぱいの毎日を届ける! (7枚)

0

ある日、路上で発見された子猫の『サイモン』は、地元の保護施設に連れて来られ、動物病院へと運ばれました。保護された時のサイモンは独りぼっちで、お母さんの姿はどこにも見当たらなかったそうです。

丸くなる子猫
出典:imgur.com

「サイモンが私の職場に運ばれて来た時は、生後約1.5週ほどでした。彼の耳はまだ垂れていて、小さな丸い目が輝いていました。この病院には『迷子の動物を引き取れる人がいない場合は、私達が彼らを受け入れる』という言葉があったため、病院でサイモンを引き取ることにしました」と受付の女性(@babybrobeans)が言いました。

女性はサイモンの愛らしい姿に一瞬で恋をしました。そのため今までに子猫を育てた経験がなかった女性ですが、サイモンを引き取ることを申し出たのです。

「私は以前、18歳の愛猫を失いました。それから3年が経って、私の心は新しい猫を受け入れる準備ができていました。」

眠る子猫
出典:imgur.com

サイモンはノミで覆われていましたが、2日続けてお風呂に入れると、サイモンの全身はとても綺麗になりました。

見つめる子猫
出典:imgur.com

さらにサイモンの新しいお母さんは、24時間体制で授乳と看護を始めました。

「私はサイモンの体重や体調を確認するため、何度も病院へと連れて行きました。さらにお腹の虫を除去するために薬を飲ませました。」

「サイモンはブタのぬいぐるみを兄弟のように思っているようで、ぬいぐるみを置いて遠くへ行くことはありません。また、元気を取り戻した彼は、部屋中を駆け回って私のことをヘトヘトにさせます。」

くつろぐ子猫
出典:imgur.com

「サイモンは暖かいパソコンの上が気に入ったようで、キーボードの上で丸くなりながら、いつも私の注意を引こうとしてきます。そのため私は、画面を逆さにすることにしました。」

パソコン子猫
出典:imgur.com

そして、数週間後。
「好奇心旺盛のサイモンは見るもの全てを攻撃して、イタズラ三昧の日々を送っています。でも、私は決して彼のことを手放したりしません。」

ギュッとする子猫
出典:imgur.com

「サイモンは毎日、たくさんのサプライズを運んできます。私はそんな彼のことが驚くほど大好きです!」と女性は嬉しそうに話してくれました。

まったり子猫
出典:imgur.com

こうして家のなかったサイモンは、新しいお母さんと出会い、温かい生活を始めることができました。サイモンは優しいお母さんのことが大好きで、暖かい家での暮らしに心から幸せを感じているのです(*´ω`*)

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう