人生に、もふもふを。

温かい愛情を求めていた保護猫。1人の女性が現れると、ケージの隙間から手を伸ばしてきて… (7枚)

0

ある日、ハンナさんが地元の保護施設を訪れた時、猫の『ムファサ』に出会いました。ムファサは元の飼い主によって、施設に連れて来られたそうです。

「私は施設でボランティアをしようと思い、研修のために施設を訪れました。するとムファサがケージから手を伸ばし、私に触れようとしてきたのです」とハンナさんは言いました。

なでなでされる猫

「ムファサは上気道感染症や猫ニキビ、歯肉炎などで苦しんでいました。また、彼の歯は何本も欠けていました。彼は施設にいる猫の中で一番病弱で歳をとっていたため、私は彼の助けになりたいと強く思いました。」

ハンナさんがケージを開けると、ムファサはすぐに頭を擦りつけてきたそうです。

嬉しそうな猫

ムファサは年齢と健康のため、施設で一番『引き取られる可能性の低い猫』でした。ハンナさんはそんなムファサを、ケージの中に残しておくことができず、自宅に連れて帰ることにしたのです。

いい表情の猫

こうしてムファサは生涯の家に迎えられました。ムファサは早速、人間用のベッドに飛び乗って、「ここは僕の家だよ」と言っているかのように、ハンナさんの服の上で長い眠りについたそうです。

くつろぐ猫

「ムファサは獣医さんのところへ行き、しっかりと治療を受けました。彼は荒い息をしなくなり、正常な呼吸に戻りました。そして、彼のニキビも全て治りました。」

保護施設を出たムファサは、急激に回復していきました。そして現在、すっかり体調が良くなったムファサは、毎日を幸せに暮らしているそうです♪

見てくる猫

ムファサは10歳ですが、心の中は子猫のままで、いつもハンナさんに甘えてくるそうです♪

香箱座りの猫

「ムファサは私の家族に完全に溶け込みました。私は彼と出会えたことに、とても感謝しています。」

幸せいっぱいの猫

こうして愛情を求めていたムファサは、ハンナさんの家で幸せを手に入れることができました。ムファサはいつも大好きな家族に寄り添いながら、愛されていることを全身で感じているのです(*´ω`*)

出典:Hannah

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう