人生に、もふもふを。

動物病院で迷子の子猫を迎え入れた猫。別の場所で保護された独りぼっちの子猫も受け入れ、惜しみない母親の愛情を注ぐ

0

8月下旬、1匹の子猫が駐車場のコンクリートの上に横たわっていました。子猫を見つけた住人はすぐに子猫を保護して、動物病院へと連れて行きました。

その後、獣医さんの治療を受けた子猫は、たくさんの愛情を注いでくれる優しい母猫に出会いました。母猫は子猫を抱きかかえると、子猫の身体を温め続けたそうです。

実は母猫自身も救助された猫でした。母猫は少し前まで飼い猫でしたが、元の飼い主さんが引っ越し先に連れて行くことができなかったため、保護施設『ベラズ・プロミス・ペット・レスキュー』に持ち込まれたそうです。

その時の母猫は自分の子供達を育てていましたが、子供達が里子に出られるくらいまでに成長すると、困っている他の子猫を助け始めました。「母猫はためらうことなくハチワレの子猫を受け入れて、まるで自分の子供のように世話を始めました」と保護施設のジェーンさんは言いました。

そんな母猫のおかげで子猫はすぐに元気を取り戻しました。子猫は母猫から毛づくろいされるのが大好きで、いつも嬉しそうに母猫のお腹に鼻を擦りつけながら、幸せそうに過ごしていたそうです。

そんな中、ジェーンさんの元に生後2日ほどの迷子のキジトラの子猫が運ばれてきました。

子猫はまだ目を開いておらず、24時間の世話を必要としていました。ジェーンさんはすぐに動物病院にいる母猫のことが頭に浮かび、2匹目の子猫を会わせてみることにしました。

ジェーンさんが子猫を母猫のところに連れて行くと、すぐに母猫は子猫に気づき、毛づくろいを始めました。子猫は母猫の優しさが嬉しくて、幸せそうにくつろぎ始めたそうです。

その後すぐにハチワレの子猫も新しい妹に寄り添い始め、一緒に眠りにつきました。

「母猫は現在、別々の場所で保護された2匹の子猫達の面倒を見ています。まだ幼いキジトラ子猫は目が閉じたままですが、すぐに目を開けて新しい世界を楽しみ始めることでしょう。」

「2匹の子猫達はお互いにとても仲良く過ごしています。子猫達は違うお母さんから生まれましたが、今では本当の姉妹のようです。」

子猫達はいつも一緒に過ごしていて、ミルクの時間以外は磁石のS極とN極のようにピッタリとくっついているそうです。

少し前まで独りぼっちで過ごしていた子猫達でしたが、もう孤独を感じることはありません。そばにはいつも温かい家族がいて、毎日が幸せに溢れているのです。

こうしてお互いに辛い時期を乗り越えた子猫達は、優しいお母さんに出会うことができました。これからも子猫達は大好きなお母さんの愛情を感じながら、すくすくと成長していくことでしょう(*´ω`*)
出典:Jane Springstonlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう