人生に、もふもふを。

子猫達を愛することに生きる意味を見つけた老猫。全ての保護子猫達のお父さんになって、温かく我が子を見守り続ける

0

今から1年ほど前のこと、ロサンゼルスの街中をひとりで彷徨う老猫が発見されて、地元の保護施設『アレー・キャット・レスキュー』に運ばれてきました。

その老猫は飼い主さんが亡くなった後、今まで住んでいた家に何度も戻りましたが、家の中に入ることができず、辺りを彷徨い歩いていたそうです。最終的に老猫はTNR活動(野良猫の不妊去勢手術を行い、元の場所に戻す活動)中の人達に保護されて、保護施設へとやって来ました。

「老猫は肝臓病を患っていて、歯が折れていました」と施設のスタッフが言いました。

路上での生活の中で老猫は多くの健康問題を抱え、たくさんの戦いの傷跡を残し、全身の毛がボロボロになっていました。また老猫の片耳は感染症の影響で無くなっていました。そんな状態にもかかわらず、老猫は安全な場所に連れて来てもらえたことに感謝して、嬉しそうに鳴き続けました。

「老猫は獣医さんの診察中もずっと、動物病院のスタッフ達と話しをしていました。」

その後、『ハロー』と名づけられた老猫は、適切な看護で体重と強さを増していきました。ハローは深刻な上気道感染症を何とか乗り越え、全身の毛に再びツヤが戻ってきました。

施設のスタッフ達はハローの心を癒し、元気を取り戻すための助けになればと、2匹の保護子猫を紹介しました。するとハローはすぐに子猫達を抱きかかえて、まるで我が子のように世話を始めたのです。

ハローはゴロゴロと喉を鳴らし始め、今までで一番幸せそうな表情を見せてくれました。一方の子猫達もハローのことが大好きになり、鼻を押しつけて、楽しそうに過ごし始めました。

その後、三毛の子猫の『ステラ』が路上で見つかり、保護施設へと運ばれてきました。ステラは独りぼっちで友達を必要としていました。「ステラはすぐにハローの隣で落ち着きました。そしてステラはいつもハローに寄り添いながら眠りにつくようになりました。」

幼い子猫達との出会いは、ハローに生きる意味をもたらしました。ハローは子育てに安らぎを見つけ、子猫達はハローに生きるためのエネルギーを与えました。

子猫の『ノエル』が独りぼっちで施設にやって来た時も、ハローはすぐに迎え入れました。「ノエルは保護されてからずっと鳴き続けていましたが、ハローのゴロゴロ音で落ち着きを取り戻しました。」

ノエルは他の子猫達よりも長い養育期間が必要でしたが、ハローがいてくれたおかげで孤独を感じることはありませんでした。

「ハローとノエルはお互いのことをとても愛していました。他の子猫達は次々と里親さんに引き取られていったため、ハローがそばにいてくれたのは本当に素晴らしいことでした。」

ハローは子猫達が何を必要としているのかを完全に理解しているようで、いつも愛情いっぱいに毛づくろいをしています。子猫達はそのおかげでいつも清潔でいられ、寂しさを感じることはないのです。

「ハローは常に子猫達のそばにいたいと思っています。そして子猫達も優しいハローと一緒にいられることが嬉しくて、ハローの上で遊んだり、一緒になって昼寝をしています。」

保護施設ではこれからもずっとハローの世話を続け、ハローが最期の瞬間を迎える時まで、幸せな毎日が送れるようにしていくそうです。また、これからも迷子の子猫達がやって来たら、ハローに紹介していこうと考えているそうです。

現在、ハローが施設にやって来てから1年以上が経ちましたが、ハローはずっと子猫達にたくさんの愛情を注ぎ続けてきました。ハローは子猫達と一緒にいる時が一番幸せで、喉のゴロゴロが止まらなくなってしまうのです。

これからもハローは子猫達の心を癒し、子猫達から生きる力をもらいながら、幸せな毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:grand_paw__harrowlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう