人生に、もふもふを。

「迎えに来てくれたの?」14歳で家を失った老猫。保護施設に会いに来てくれた女性に出会うと、再び愛情を求め始める

0

老猫の『モリー』は前の飼い主さんが体調を崩すまで、ずっと同じ家で暮らしてきました。飼い主さんはモリーの全てで、自分のことを分かってくれる唯一の存在でした。

そしてある日、モリーはボストンにある保護施設に連れて来られて、新しい家を探すことになりました。施設に入ったモリーは尿路感染症や腎臓病の初期の兆候が見られるなど、いくつかの健康上の問題を抱えていたそうです。

大好きだった飼い主さんと別れたモリーは、寂しそうな姿で自分を迎えに来てくれる人を待っていました。

そして2ヶ月後、1人の女性がモリーに会いに来たのです。

「私はモリーを里親募集サイトで見つけました。私はずっと高齢の猫との生活を望んでいたため、2年間ほど地元で老猫を探していました」とオリビアさんは言いました。

オリビアさんはモリーをサイトで見つけると、すぐに車で施設へと向かいました。「私が施設に着いた時、モリーは棚の一番上で眠っていました。そして私と目が合うと、すぐに棚から飛び降りて、私の方へと向かってきました。」

モリーはオリビアさんに一直線に向かってきて、身体を擦りつけてきました。どうやらモリーは、オリビアさんを温かく迎えてくれたようです。

「私はモリーの優しさに惹かれました。もちろん私は彼女の愛情を断ることができませんでした。彼女には健康上の問題がありましたが、私は彼女を諦めることができませんでした。」

家に帰る途中、モリーは大きな青い瞳でオリビアさんを見つめてきました。

家に着いたモリーは家の中を一通り探索した後、人間用のベッドを要求してきました。モリーとオリビアさんはすぐに一緒のベッドで眠ったそうです。

「モリーはヘアゴムを空中に投げると、勢いよく飛びついてきます。彼女はとても元気で、レーザーポインターを追いかけるのが大好きです。」

ふわふわのモリーは心の中は子猫のままのようです♪

「私が帰宅すると、いつもモリーが出迎えてくれます。私の生活は彼女と出会った日からとても充実しています。私は彼女と出会えたことに心から感謝しています!」

「彼女に残された時間がどのくらいかは分かりませんが、最期の瞬間まで彼女を愛し、彼女が望むことの全てを叶えていこうと思います」とオリビアさんは話してくれました。

モリーは新しい家に引っ越して以来、オリビアさんといつも一緒で離れることはありません。モリーは今、心の底から幸せを感じているのです。

これからもふたりの幸せな日々は、長く続いていくことでしょう(*´ェ`*)
出典:blueeyes_bushytaillovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう