人生に、もふもふを。

庭の花壇に取り残され、バラの陰で鳴いていた子猫。愛猫を失ったばかりの保護主さんに、たくさんの笑顔と幸せを届ける

0

ある日、家の中にいたサンディー・ザーニさんは、庭から聞こえてくる小さな鳴き声に気づきました。サンディーさんがすぐに家から出ると、中庭に小さな子猫の姿を発見したのです。

「私が庭に出ると、バラの茂みの中で子猫が鳴いていました。私の庭は完全に柵で囲まれているため、どうやってここまで来たのかとても不思議でした」とサンディーさんは言いました。

丸くなる子猫出典:pooterspage (lovemeow)

猫が通り抜けることができる場所は、中庭から離れた正門だけでした。そのためサンディーさんは、母猫が途中で子猫を落としてしまったか、その場に残していったかのどちらかだと考えたそうです。

サンディーさんは子猫のためにタオルを敷いた箱を用意しました。そして、子猫が固形食を食べられなかったため、急いで子猫用の食べ物を買いに行ったそうです。

その後、サンディーさんは子猫に『キーラン』と名づけました。

小さな猫出典:pooterspage

「私は翌日の午前中にキーランを動物病院へと連れて行きました。彼はまだ歯が生えていなかったため、獣医さんから生後2週間も経っていないだろうと言われました。」

まだ幼いキーランには、2〜3時間おきにご飯を食べさせる必要がありました。そのためサンディーさんは、親友のキンバリーさんに手伝ってもらいながら、一日中キーランの世話を続けたのです。

お友達と一緒の猫出典:pooterspage

サンディーさんはキーランを温めるために、靴下で小さなセーターも作りました。

ポカポカ猫出典:pooterspage

「キーランはすっかり元気を取り戻し、ご飯をたくさん食べ始めました。元々この家で暮らしていた3匹の猫達も、幼いキーランを優しく迎えてくれました。」

挨拶する猫出典:pooterspage

実はキーランを保護ずる3ヶ月前、この家でとても悲しい出来事がありました。それはサンディーさんとずっと一緒に暮らしてきた、愛猫の『ジャクソン』が息を引き取ったのです。

「私はジャクソンがキーランを導いてくれたように感じています。ジャクソンはバラの香りが大好きで、今も彼はキーランを見つけた茂みの近くに眠っています。」

見つめる猫出典:pooterspage

現在、キーランには2匹のお兄さん『ポーター(13歳)』『ギリガン(8歳)』と、お姉さん『ソフィア(17歳)』がいます。3匹の猫はキーランと同じように、サンディーさんが保護して、家族に迎えたそうです。

「ポーターとギリガンは生後6ヶ月の時に庭で出会い、ソフィアは仕事場の近くで出会いました。彼らはみんな、私のことを見つけてくれました。」

時々、猫が人間を選ぶと言われますが、どうやらサンディーさんはそのことを自分の肌で感じているようです。

ミルクを飲む子猫出典:pooterspage

キーランは現在、サンディーさんに愛情を注がれながら、幸せな生活を送っています。そしてサンディーさんも毎日、キーランからたくさんの幸せを受け取っているのです。

サンディーさんの言う通り、天国に行ったジャクソンが、キーランのことを導いてくれたのかもしれませんね。きっとジャクソンは空の上で、サンディーさんの笑顔を見ながら、嬉しそうに微笑んでいることでしょう。
出典:pooterspagelovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう