人生に、もふもふを。

海沿いの道で寂しそうに鳴いていた子猫を保護。6匹の子猫に囲まれて育つと… (6枚)

0

ある日、カナダのバンクーバーの海沿いの道で、ひとり寂しく鳴いている生まれたばかりの子猫を発見しました。地元の動物保護施設は、すぐに子猫を保護し、里親探しを始めたのです。

手乗り子猫

その後、無事に里親さんが見つかり、子猫は『ビビ』と名付けられ、新しい家での生活が始まりました。

ビビが暮らし始めた家には、ビビよりも2週間年上の6匹の子猫とその母猫が住んでいました。写真を見ると、身体の大きさから2週間の差がよく分かりますね。

子猫と6匹の兄弟

6匹の子猫と母猫はビビのことを快く受け入れてくれ、本当の家族になりました。

みんな元気な子猫

お兄ちゃんと遊ぶビビの姿はこちら。
身体の小さなビビは、まだお兄ちゃんに勝てないみたい♪

家に来て1週間後のビビ。
最初の頃と比べると随分大きくなりました。

子猫の成長は速い

不思議な格好で眠るビビ。
もうすっかり新しい環境に慣れたようです♪

気持ち良さそうに眠る子猫

日々成長するビビは、あっという間に大きくなりました。でも、まだまだ甘えん坊のようで、大好きなお母さんの傍から離れようとしません♪

お母さんとのツーショット

生まれてすぐに孤児になり、独りぼっちになってしまったビビ。でも優しい飼い主さんの元で、大好きなお母さんや元気いっぱいの兄弟達に出会えて、もう独りぼっちではありません。これからも大切な家族いっしょに、楽しい毎日を過ごしていって欲しいですね♪

出典:reddit.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう