人生に、もふもふを。

心温まる友情に感動… 自閉症の少女と彼女を支える猫のお話

0

これは、イギリスに住む自閉症の少女アイリス・グレースと、彼女の心の支えになっている猫のスラの物語りです。

自閉症の少女アイリス

アイリスは1歳のときに、自閉症と診断されました。親とのコミュニケーションも思うようにできず、言葉も最近話し始めたばかりです。しかし彼女は絵を描くことで、自分自身を表現することができるのです。

アイリスの絵画

アイリスには並外れた集中力があり、細部まで注意を払うことができます。
その集中力が生み出す作品は多くの人々を魅了しています。

アイリスの絵画
アイリスの絵画

そんなアイリスですが、1人で素晴らしい作品を生み出せるわけではありません。アイリスの傍らには、スラという名前のメインクーンがいつもいるのです。

自閉症の少女と猫

メインクーンは、ジェントルジャイアント(穏やかな巨人)と呼ばれることもある猫で、頭が良く社交的な性格を持っています。スラもとても思いやりに溢れた猫です。自閉症のアイリスにとって、スラのような存在はとても重要なものとされています。

猫と少女はいつもいっしょ
一緒に眠る猫と少女
いっしょにお風呂に入る猫と少女
いっしょのふたり
猫に少女がキス

アイリスの母親はこう話します。「スラはアイリスのそばにいつもいてくれて、アイリスがやろうとすることを手伝ってくれるの。水で遊ぶときも、お風呂に入るときも、絵を描くときも、自転車に乗るときも、iPadを操作するときも、パズル遊びをするときもふたりはいつもいっしょ。アイリスとスラは友情で結ばれているの。私がアイリスと話をするときには、スラに助けられることもあるわ。」

幸せな時間を過ごす猫と少女
いっしょに眠る猫と少女
楽しそうなふたり
いっしょに散歩する猫と少女
いっしょに出かける少女と猫

スラは、アイリスの日々の生活の中での不安を取り除いて、落ち着かせてくれるそうです。さらにスラはアイリスを社交的にさせてくれるようで、ふたりがいっしょの時は普段よりもたくさんのお話をするそうです。

猫と絵の具
絵を描いている少女と猫
少女の絵を見守る猫
絵の手伝いをする猫

いつも一緒のスラをイメージして描いたと思われるこの絵画は、よく見るとスラの顔が浮かんでくるのです。

アイリスの絵画と猫

アイリスはスラといっしょに絵を描くことで、ずいぶんと変わりました。
お母さんの背中に乗って遊んだり、笑い声をあげてはしゃいだりするようになり、自分で考えてコミュニケーションをとれるようになったのです。

そんなアイリスの描く絵には、スラとの幸せの日々がとけ込んでいるのかもしれませんね。

出典:irisgracepainting.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう