人生に、もふもふを。

ピッタリと寄り添いながら一緒に成長してきた3匹の子猫達。生涯の家を探し始めた数週間後に自分達の夢を実現させる!

0

ある日、お腹を空かせた1匹の野良猫が家の庭に姿を現しました。家の住人はすぐに猫のお腹が大きくなっていることに気づき、妊娠しているのではないかと感じました。

家族は地元で保護活動をしているステフさんとヨハンネさんに助けを求め、猫を二人の元へと連れて行きました。猫は出産の間近で、安全な避難場所を必要としていました。

ステフさん達は猫を動物病院へと連れて行き、自宅で世話を始めました。

猫は居心地の良い家の中に安心して、快適なベッドの中で丸くなりました。そして全身をリラックスさせると、目を閉じて眠り始めました。

ステフさんとヨハンネさんは猫の出産に備えて交代で世話を続けました。猫は保護から数日後に出産の準備に入りました。

猫はまだ若く、出産に苦労しましたが、ステフさん達の助けを借りて無事に3匹の健康な子猫を出産しました。

子猫達は全て男の子で『リーロ』、『エリヤ』、『ジャスパー』と名づけられました。子猫達は3匹で一緒にいると安心するようで、いつもピッタリと寄り添いながら喉をゴロゴロと鳴らしているそうです。

こうしてお母さんになった猫は、子猫達が十分に大きくなるまでしっかりと世話を続けました。子猫達は次第に好奇心を増していき、まだおぼつかない足取りで身の回りの探索を始めました。また子猫達はお互いのマネをしながら一緒に遊び、毎日可愛い猫団子を作りました。

子猫達は常にお互いの視界の中で過ごし、少しでも姿が見えなくなると一斉に鳴き始めるそうです。

その後、ステフさん達は猫の親子が良いの家を見つけられるように、地元の保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』へと連れて行きました。親子はそこで身体の状態を詳しく調べてもらい、避妊や去勢手術を行なって、生涯の家に行く準備を始めました。

母猫は子猫達が十分に成長したため、子育てを終わらせる準備ができていました。「母猫は里親募集で生涯の家族を見つけました。彼女はすぐに新しい家に引っ越して、静かな生活を送り始めました」と保護施設のセリーヌ・クロムさんが言いました。

保護施設で養育ボランティアをしているマリリンさんは、子猫達を人間生活に慣らすために、自宅で養育を始めました。子猫達は新しい環境にすぐに慣れて、家の中を隅から隅まで探索して、キャットツリーを自分達のものだと主張してきました。

「子猫達は信じられないほどの強い絆で結ばれています。彼らはいつも近くにいて、全てのことを一緒に行っています。」

「リーロは3匹の中で最も静かですが、家の端から端まで兄弟と一緒に競走することがあります。ジャスパーはとても愛情深く、おしゃべり好きで、大きなゴロゴロ音を持っています。エリヤは甘えん坊で、いつも兄弟の近くで幸せそうに過ごしています。」

子猫達はそれぞれ違う性格を持っていますが、それがお互いの個性を完全に補っているのです。

子猫達は昼の間は家のあちこちを歩き回り、夜になるとお互いのことを抱きしめながら人間のそばで丸くなっているそうです。

その後、子猫達が生涯の家を見つける準備ができた時、保護施設のスタッフ達は3匹を一緒に引き取ってくれる家族を探すことに決めました。

そして数週間後、リーロ、エリヤ、ジャスパーは自分達の夢を実現させました。ある家族が子猫達に恋をして、一緒に家族に迎えることに決めたのです。

その後、無事に生涯の家へと旅立っていった子猫達は、相変わらず3匹で家の中を大冒険しているそうです。

こうして安全な家の中で生まれ、ずっと一緒に育ってきた子猫達は、最高の幸せを手に入れることができました。とても深い絆で結ばれた子猫達は、これからもお互いに愛情を注ぎ合いながら、元気いっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう