人生に、もふもふを。

衰弱した状態で保護施設に運ばれてきた子猫。自分によく似た猫のおかげで回復すると、まるで親子のように寄り添い続ける

0

ある日、カナダのモントリオールに住む家族が、ペット用品店で里親を募集していた子猫の『プセ』を引き取りました。しかし、体調がすぐれなかったプセは、すぐにご飯を食べるのを止めてしまいました。家族はプセをどうすることもできなくなり、地元の保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』へと助けを求めました。

「家族はプセを回復させることができなかったため、私達のところに連絡してきました」と保護施設のセリーヌ・クロムさんは言いました。

痩せ細ったプセは栄養失調と脱水症状に陥っていました。獣医さん達はプセに水分補給をして、抗生物質を与え、シリンジでご飯を食べさせ始めました。

そして、プセが動物病院から退院する準備が整った時、養育ボランティアのバレリーさんがプセを養育することを申し出ました。

「プセは緊急治療と養育主さんの助けがなければ、生き残ることができませんでした。彼は危険な状態で運ばれてきましたが、みんなのおかげで命をつなぎ、抱きしめられると幸せそうな姿を見せてくれるようになりました。」

バレリーさんはいつも細心の注意を払いながら、小さなプセを抱きしめていたそうです。そしてプセの病気が治った時、バレリーさんはプセに先住猫の『ザッキー』を紹介しました。プセはザッキーの優しい看護のおかげで、さらに元気になっていきました。

「ザッキーはすぐにプセの世話を引き継いで、プセに色々なことを教え始めました。」

そして自然と2匹は切り離せない存在になりました。プセはいつもザッキーの後を追って、家中を歩き回るようになったのです。

「プセはザッキーのことをお父さんのように思っているようで、いつもザッキーと同じことをしています。」

ザッキーのおかげですっかり元気を取り戻したプセは、好奇心が旺盛になり、イタズラ好きの子猫になりました。ザッキーは一日に何度もプセにもみくちゃにされましたが、決して怒ったりせず、プセのことを優しく毛づくろいしてあげていたそうです。

そしてプセが里子に出られるようになった時、バレリーさんはプセが既に生涯の家を見つけていることに気づいていました。

バレリーさんは深く結ばれた2匹のことを切り離すことができず、プセを正式に家族に迎えることに決めたのです。

「十分に成長したプセは、そのままザッキーの家に留まることになりました! そこはプセにとって最高の家です」とセリーナさんは嬉しそうに話してくれました。

こうして衰弱した状態で運ばれてきたプセは、獣医さんやバレリーさん、そしてザッキーのおかげで新しい人生をスタートさせることができました。これからもプセは大好きなザッキーに寄り添いながら、いつまでも幸せな毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう