人生に、もふもふを。

ズブ濡れの状態で発見された子猫ちゃん。育ての親にかわいい恩返しをしてくれた♪ (10枚)

0

雨の日のこと、ある夫婦が自宅の庭で鳴いている子猫を見つけました。子猫は母親と離ればなれになってしまったらしく、雨に打たれてズブ濡れの状態でした。可哀想に思った夫婦は子猫を保護すると、保護施設へと連れて行ったのです。

ミルクと猫

まだ生後10日くらいの子猫は『パンダ』と名づけられました。そして、生後8週目になるまでの間、養育ボランティアのタミーさんに育てられることになったのです。タミーさんの家に来た頃のパンダは、ミルクのボトルほどの大きさしかありませんでした。

ミルクと猫

パンダは自分に愛情を注いでくれるタミーさんのことがすぐに好きになりました。そして、可愛らしい姿をたっぷりと見せてくれるようになったのです。それはパンダからのかわいい恩返しでした♪

ミルクを飲んだ後はポッコリお腹を披露。

持たれる猫

こちらは歩く練習をするパンダの姿。一生懸命に歩いて、やっと足まで辿り着きました。

手をもつ猫

大好きなタミーさんに抱っこされるパンダ。その顔はお母さんに甘える子供みたい♪

可愛い子猫

パンダは手の平に包まれるのが大好きで、タミーさんが持ってあげると幸せそうな姿を見せてくれるそうです。

抱っこされる子猫

そして、めいいっぱい遊んだパンダは暖かい洋服の袖で寝落ちするのです♪

眠る子猫

パンダはタミーさんの家で、4年前に保護された先住猫に会いました。先住猫はパンダのことがとても気に入ったようで、パンダが甘えてくるとお母さんのように接してくれました。

先住猫と子猫

そんなふたりは、こんなに可愛い姿も見せてくれました♡

ギュッとする子猫

タミーさんとパンダの幸せな日々は、あっという間に過ぎていきました。そして、とうとう養育期間が終わってしまったのです。とてもなごりおしいタミーさんでしたが、後ろ髪を引かれる思いでパンダとさよならしたのです。

その後、少し寂しい日々を過ごしていたタミーさんでしたが、里親さんが送ってくれた写真で元気が出ました。そこには幸せそうに遊ぶパンダの姿が写っていたのです。

遊ぶ子猫

あの日、独りぼっちで雨に濡れていたパンダは、タミーさんのおかげで大きく成長し、新しい里親さんの元で暮らすことができるようになりました。きっとパンダは、愛情いっぱいに育ててくれたタミーさんのことを忘れることはないでしょう。これからは雨に濡れない安全な場所で、優しい里親さんといっしょに幸せに暮していって欲しいですね。

出典:facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう