人生に、もふもふを。

生後間もない3匹の子猫を亡くし絶望する母猫。飼い主さんの強い想いで、3匹の捨て猫の母親になる

0

その日、8ヶ月になる猫の『マイキー』は、3匹の子猫を産みました。しかし、3匹の赤ちゃんは早産で生まれたため、産まれてすぐに次々と息を引き取っていったのです…

飼い主さんのヒラリーさんがなんとかして赤ちゃんを救おうと、あらゆる手を尽くしたのですが救うことはできませんでした。

マイキーはミルクが溜まりパンパンに張った乳を抱えながら、「私の愛しい子どもたちはどこ?」と子猫たちを探し回ります。

抱きしめるはずだった我が子が突然いなくなってしまった状況を受け入れないのも無理はありません… マイキーはすっかり絶望しきってしまいました。

3匹の子猫と母猫

苦しむマイキーを何とかして救いたいと必死にだったヒラリーさんは、動物保護団体ドリズ・ダーリングに相談しました。その話は保護団体を通じて一人の女性に伝わります。その女性の名前はアマンダ。実は、アマンダさんは4日前に保護施設からテディ、アビー、リリーという3匹の子猫を引き取り、育てていたのです。

マイキーの悲しみを知ったアマンダさんは、育て始めたばかりの3匹の子猫をヒラリーさんに引き渡すことを申し出たのです。

翌朝、ヒラリーさんはマイキーを連れてアマンダさんに会いに行きました。

子猫達を見せる前にアマンダさんは、亡くなった子猫達のことをどんなに残念に思っているかをマイキーに優しく伝えました。さらに、アマンダさんはこう続けます「私はあなたのことが大好き、心から信頼しているわ。私が育てている子猫をあなたにあげる。もう一度お母さんになれるのよ、マイキー。」

そう言うと、アマンダさんはマイキーの前に子猫を置きました。

するとどうでしょう!
マイキーはすぐに3匹の子猫達を抱き、愛おしそうに舐め始めたのです。

3匹の子猫と母猫

さらにマイキーは子猫達にミルクを与え始めました。それから2時間後、お腹がいっぱいになって眠ってしまった子猫達を抱きかかえながら、マイキーも幸せそうに眠ったのです。

出会って間もないとは思えないほど、お互いを信頼し、安心しきった姿は本当の親子のようです。

3匹の子猫と母猫
3匹の子猫と母猫
3匹の子猫と母猫

3匹の子猫を失い悲しみに暮れていたマイキーでしたが、再び3匹の子猫の母親になることができました。それは愛情深いヒラリーさんと、優しいアマンダさんがくれた「最高の幸せ」でした。

亡くなった子猫達のことは本当に残念ですが、マイキーは亡くなった3匹の分まで、子猫達を大切に育てていくことでしょう。

出典:doridarlings.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう