人生に、もふもふを。

ある日、動物病院に置き去りにされてしまった猫。でも今は、みんなに愛される看板猫に (*´ω`*)

0

トルコのイスタンブールに住む日本人女性が通う動物病院には、2匹の看板猫が暮らしています。名前は『フェティ・フェティ』と『ボンジュク』。元々、地元の人が病院に連れて来たのですが、どんな理由があったかは分かりませんが、そのまま置いていってしまったそうです。

こちらが白猫のフェティ・フェティ。

見上げる猫出典:youtube.com

そして、こちらがフワフワのボンジュク。

フワフワ猫出典:youtube.com

獣医さんは取り残されてしまった2匹の猫を、しっかりと世話しているそうです。猫達の方はとっても人懐っこい性格のため、いつの間にかみんなの人気者になり、自然と看板猫になったそうです。

2匹の猫のお話はこちら。

ちょっと強引な獣医さんの元で、第2の人生を送っているフェティ・フェティとボンジュク。優しい獣医さんと出会えて本当に良かったね。

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう