人生に、もふもふを。

置き去りにされた後、子猫達と離ればなれになってしまった母猫。安全な家で再会を果たすと、幸せそうに愛情を注ぎ始める

0

先月末、ロサンゼルスを拠点に活動している保護施設『アレー・キャット・レスキュー』に、野外に置き去りにされていた猫と生まれたばかりの子猫達についての連絡が入りました。

「猫の親子は集合住宅の敷地内に置かれていた箱の中から見つかりました。母猫はとても困惑していて、子猫達の間を行ったり来たりしていました」と保護施設のスタッフが言いました。

母猫は突然野外に置き去りにされたことで混乱していて、子猫達をその場に残して箱から飛び出して行ってしまいました。

スタッフ達は母猫が戻ってくるのを待ちましたが、いくら待っても姿を現しませんでした。そこでスタッフ達は食べ物を入れた捕獲器を設置して、先に子猫達だけを連れて帰ることにしました。

スタッフ達の目標は親子全員を養育主さんの家に連れて行き、快適な環境の中で母猫に子育てをさせてあげることでした。

そして翌日、スタッフ達は無事に母猫を保護することに成功し、急いで子猫達の元へと連れて行きました。母猫は子猫達の声を聞くとすぐに駆け寄って、子猫達の全身をしっかりと毛づくろいし始めました。

「母猫は素晴らしいお母さんで、子猫達の隣で転がるのが大好きです。」

母猫はすぐに養育主さんの家の中で落ち着きました。母猫は快適な環境とたくさんのご飯にとても満足していました。

「多くの猫は野外で出産し、自分のご飯や子猫達を育てるための安全な場所を見つけることに苦労しています。私達は不幸な猫が少しでも減るように、これからも保護活動を続けていこうと思っています。」

家の中で過ごし始めた子猫達はすぐに体重が増え始め、すくすくと成長していきました。子猫達はまだ目が開いていませんでしたが、その優れた嗅覚で近くにいるのがお母さんかどうかを確認することができました。

その後、子猫達は徐々に動き回れるようになってきて、少しずつ目が開いてきました。子猫達は寝床の中をおぼつかない足取りで歩き始め、時々転倒しながらも身の回りの探索をするようになりました。

そんな子猫達のことを母猫はいつもそばで見守っていました。そして子猫達が鳴き始めるとすぐに駆け寄って、全ての要求に応えてあげていました。

母猫は子猫達が安全に過ごせる場所に来られたことに心から喜びを感じていました。母猫はいつも幸せそうに床の上で寝転がって、子猫達にたくさんの愛情を注ぎ続けていました。

「子猫達は日に日に大きくなっていて、母猫はそのことをとても誇りに思っていました。」

子猫達は常にお母さんの愛情を吸収しながら確実に成長を続けています。もう少ししたら子猫達に個性が現れ始め、部屋の中を元気いっぱいに動き回ることでしょう。

子猫達は現在、たくさんのミルクでお腹を膨らませ、みんなで一緒に寄り添いながら幸せそうに眠っています。また母猫は優しい養育主さんのことが大好きで、いつも安心しながら子猫達の世話を続けているそうです。

こうして野外に置き去りにされていた猫の親子は、保護先で新しい人生を歩み始めることができました。これからも親子はたくさんの愛情を受け取りながら、幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう。
出典:alleycatrescueinclovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう