人生に、もふもふを。

お互いに助け合いながら生きてきた子猫の兄弟。保護先でも常に愛情を注ぎ合い、いつまでも一緒にいることを心に誓う

0

ある日、カナダのモントリオールで母親のいない子猫の兄弟が発見されました。子猫達はお互いのそばを離れることなく、食べ物を探し回っていました。近所の人達は子猫達が病気になっていることに気づき、子猫達を助けることのできる人を探し始めました。

地元で保護活動を行なっているナディアさんは、ネット上で子猫達に関する投稿を見つけ、すぐに連絡を取りました。ナディアさんは子猫達が発見された場所に捕獲器を設置して、無事に子猫達を保護することに成功しました。

その後、ナディアさんと共に保護活動を行なっているジョシーさんが子猫達を一時的に預かり、地元の保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』に連絡をしました。

保護施設のスタッフ達は子猫達を自分達の施設へと連れて行き、子猫達が必要としている治療を受けさせました。

『オクタブ』『ロムス』と名付けられた子猫達は約12週齢でした。いつも一緒に行動している子猫達は、鼻にも同じマークがついていました。子猫達は獣医さんのところでもピッタリと寄り添いながら、お互いのことを温め合っていました。

「保護直後のふたりはとても内気で人間のことを怖がっていて、環境の大きな変化に緊張しているようでした」と保護施設のセリーヌ・クロムさんが言いました。

「獣医さんの元で治療を受けたふたりは、養育ボランティアさんの家に行き、先住猫とすぐに仲良くなりました。ふたりはまだ人前では臆病ですが、とても優しい性格で、お互いに愛情を注ぎ合っています。」

子猫達はそれから1週間で、人間との生活に随分と順応しました。子猫達はまだ急な動きや大きな物音には驚きますが、家の中で快適な時間を過ごせるようになりました。

「ふたりは常に近くにいて、いつもお互いのことを追いかけています。ふたりは日光浴をしながら、キャットツリーで昼寝をするのが大好きです。」

サバトラ猫のロムスは好奇心が旺盛な猫です。ロムスはまだ少し恥ずかしがり屋なところも残っていますが、オモチャの楽しさには抵抗できないようです。一方のハチワレ猫のオクタブはとても控えめな性格で、いつもロムスの後をついて回っています。

ロムスとオクタブはお互いのことを気にかけていて、決してお互いの視界からいなくなることはありません。そんな仲良しなふたりは、昼寝の時も同じポースをとることがよくあるそうです。

ふたりは日に日に家の中での暮らしに自信をつけてきていて、快適なベッド、美味しいご飯、楽しいオモチャ、そしてたくさんの愛情に満ちた毎日を楽しむようになりました。

ふたりは何をする時も一緒に行動し、決して離れることはないのです。

「ふたりは私達のところに来る前はほとんど人間との接触がありませんでしたが、現在は家猫としての生活に喜びを感じています。ふたりが完全に室内生活に慣れるまでにはもう少し時間がかかりますが、そう遠くない未来に人間のことを完全に信頼することでしょう。」

養育主さんの家で2ヶ月ほど過ごしたふたりは、もうすぐ新しい家に行く準備が整い、里親さんの募集が始まるそうです。

こうしてお互いに助け合いながら路上で生きてきたふたりは、新しい生活に幸せを感じるようになりました。きっとふたりは生涯の家族の元でさらに人間のことを信頼し、いつまでも幸せな毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう