人生に、もふもふを。

保護施設に出かけた愛犬が、1匹の子猫に一目惚れ! 子猫を家族に迎えると、驚くほど毎日が幸せいっぱいに!

0

ある日、タマスカン・ハスキーの『レイブン』が飼い主さんと一緒に保護施設に向かいました。そして施設の中に入ったレイブンは、4匹の子猫が入ったケージの前で立ち止まると、中にいる子猫達に強く興味を示したのです。

その後、施設のスタッフが子猫達をケージから出すと、4匹の中の1匹と一瞬のうちに意気投合しました!

飼い主さんはレイブンが選んだ子猫を家族の一員として迎えることに決めました。

レイブンは子猫と一緒にいられることが嬉しかったようで、保護施設から自宅に着くまでの9時間の間、ずっと車の中で子猫のことを抱きしめていたそうです。

飼い主さんは子猫に『ウッドハウス』と名づけました。

レイブンとウッドハウスは自宅に着いてからも片時も離れようとはしませんでした。どうやらお互いのことがすっかり気に入ったようです♪

そんなふたりの姿を見ていると、飼い主さんは自然と笑顔になるそうです。そしていつも「レイブンとウッドハウスを家族に迎えて本当に良かった♪」と思うそうです。

仲良しなふたりはスリスリが止まりません!

ふたりは時々、飼い主さんには内緒で密会を開いていることも♪

そして、いつもレスリングをしながら元気いっぱいに床の上を転げ回っています♪

でも、しばらくするといつもこんな感じになって…

最後にはこうなるのです♪

こうして飼い主さんがウッドハウスを迎えてくれたおかげで、レイヴンの毎日はさらに幸せいっぱいになりました。一方のウッドハウスもレイブンと一緒に暮らせて本当に幸せそう。そして、そんなふたりの姿をいつもそばで見ながら、飼い主さんも最高の幸せに包まれているのです♪

どうやらレイブンとウッドハウスの出会いは、みんなにたくさんの幸せを運んできたようです(*´ェ`*)
出典:jumperposselovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう