人生に、もふもふを。

お腹の赤ちゃんのために家を探していた野良猫。優しい住人に助けを求め、大切な我が子との幸せな毎日が始まる!

0

ある日、サンディーさんが裏庭で1匹の猫の姿を発見しました。猫は野外に住む猫で、食べ物を求めてサンディーさんの家の庭に迷い込んできました。

サンディーさんはすぐに猫にご飯と水を用意しました。そして、ご飯を食べ始めた猫の姿を見て、猫が妊娠しているのではないかと感じました。

ご飯を食べ終わった猫はサンディーさんに甘え始めて、まるでこの家に滞在したいかのように、ポーチでサンディーさんの後を追いかけ始めました。猫はこれから生まれてくる子猫達のために安全な家を必要としていました。そして、サンディーさんは子猫達のために猫をそのままにしておくことができませんでした。

サンディーさんは猫を保護すると、予備の寝室へと連れて行きました。そんなサンディーさんのおかげで、これから生まれてくる子猫達は野外の厳しい環境の中で過ごす必要がなくなったのです。

猫はとってもフレンドリーな性格で、すぐに床の上で横になり、まるで以前からこの家にいたかのように過ごし始めました。猫は喉を鳴らしながら足を伸ばしました。その姿は自分が安全な場所にいることを知っているかのようでした。

猫は毛布の上で楽しそうに転がったり、お腹を撫でてもらうために仰向けになったりもしました。

サンディーさんは猫と生まれてくる子猫達のために、より良い環境を用意したいと考えました。そこで保護施設『ジンズ・ボトル・ベビーズ』で養育ボランティアをしているジェンさんに助けを求めました。

それから2日後、サンディーさんは帰宅してとても驚きました。家には5匹の子猫達がいて、お母さんになった猫が子猫達にミルクを与えていたのです。

「私達は猫の親子を引き取ると、母猫に『ジェイド』、子猫達に『ハンター』『エメラルド』『ケリー』『オリーブ』『フォレスト』と名づけました」とジェンさんが言いました。

「ジェイドはとても甘くて社交的なお母さんです。私が親子を迎えに行くと、彼女はすぐに近づいてきて、アゴを撫でるように要求してきました。」

ジェイドはジェンさんの家に着くとすぐに養育部屋の探索を始め、一通りチェックが終わるとジェンさんに愛情を求めてすり寄ってきました。ジェイドは食べ放題のご飯と、自由に使えるたくさんの毛布に大きな喜びを感じていました。

「ジェイドはとても素早く新しい環境に落ち着きました。彼女は子猫達に授乳していない時や、私が部屋に入ってくるたびに起き上がって、私の後を追いかけ始めます。彼女はとても好奇心が強い猫で、私がクローゼットを開けると毎回中を調べ始めます。」

ジェイドはすぐに室内の音や匂いに慣れて、ジェンさんの優しさに喜びを感じました。ジェイドは子猫達の体重をはかる時も、ベッドを交換する時も素直に応じてくれました。

「子猫達は急速に成長していて、確実に体重を増やしてきています。子猫達がミルクを飲んでいる間、ジェイドは幸せそうに喉を鳴らし、いつも親子全員で寄り添いながら眠りに落ちていきます。」

「ジェイドは私が何か質問すると、可愛い声で返事を返します。彼女は時々後ろを向きながら返事をするのですが、私にはそれが『ノー』と言っているように聞こえます。」

ジェイドは人間に撫でられたりするのが好きですが、現在は子育てに専念しています。今のジェイドは子育てが忙しくて膝の上で楽しむ時間ありませんが、これから子猫達が自立したら、とってもハグ好きの猫になることでしょう。

現在、子猫達は1週齢で目が開き始めています。ジェイドは大切な子猫達を何度も毛づくろいして、子猫達を常に綺麗な状態に保っているそうです。

「ジェイドは自分が妊娠したことに気づいた時、誰のところに行けば良いかを正確に知っていました。私は猫達が人間のことを信頼し、心を開いていく姿が大好きです。それは本当に特別なことです。」

こうして子猫達のために家を探していたジェイドは、無事に最適な家まで辿り着くことができました。ジェイドはこれからも安全な家の中で、全ての愛情を子猫達に注ぎ続けることでしょう(*´ω`*)
出典:chaos.in.cat.shapelovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう