人生に、もふもふを。

屋根裏で見つかった迷子の子猫。保護先で出会ったヌイグルミと結ばれて、どこに行く時もいつも一緒にいたいと主張する

0

ある日、職場の屋根裏で迷子の子猫を発見した人達が、子猫の母親や兄弟の姿を探しましたが、結局見つけることはできませんでした。そこで彼らは子猫を自宅に連れて帰って育てようとしましたが、すぐに子猫に特別なケアが必要なことが分かりました。

そのため彼らは地元の保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』に連絡をして、子猫を施設へと連れて行きました。

「私達は子猫に『ルーム』と名づけました。彼は非常に痩せ細っていて、いくつかの胃の問題を抱えていました。そのため5週齢にもかかわらず、体重は僅か360gしかありませんでした」と保護施設のセリーヌ・クロムさんが言いました。

ルームは脱水症状に陥っていたため、すぐに獣医さんの元で必要な治療を受けました。「ルームは非常に衰弱していて、食事の時も助けが必要でした。」

そんな状態だったにもかかわらず、ルームは自分の周りで起こっている全てのことを知ろうとしていて、みんなが愛情を注いでくれることに感謝していました。

ルームの養育主さんは24時間体制で看護を行い、2時間おきにご飯を食べさせ、体温の調整を続けました。「丸二日の集中治療の後、ルームは力を取り戻し、ついにひとりでご飯が食べられるようになりました。」

さらに養育主さんはルームが寂しくないように、ヌイグルミをプレゼントしました。

ルームはすぐにヌイグルミのことを気に入って、どこに行く時も一緒に行動するようになりました。ルームはいつもヌイグルミとプロレスごっこをしたり、グルーミングをしたり、寄り添ったりしながら、愛らしい姿をたくさん見せてくれました。

ルームがお皿からご飯を食べることを学び始めた時も、まるでヌイグルミがルームのことを応援しているかのように、ずっとそばでルームのことを見守っていました。

「ルームは確実に成長を続け、社交的で愛情深い子猫になりました。彼は人間と猫の両方を愛しています。彼は身の回りにあるもの全てに興味を持っていて、バッグや紙袋などが床に置かれていると、嬉しそうに飛び込んでいきます。」

「ルームは常に自分の周りで起こっていることに目を光らせていて、キャットツリーの一番上から部屋を見渡すのが大好きです。」

今のルームは常にエネルギーに満ち溢れていて、保護された時から180度変わりました。ルームは窓越しに日光浴を楽しんだり、外の様子を観察したりしながら、安全な家の中で楽しい毎日を過ごしているのです。

そしていっぱい遊んで電池が切れると、大好きなヌイグルミと一緒に眠りにつきます。ルームは柔らかい毛布に包まれながらヌイグルミと一緒に過ごす時間に、最高の幸せを感じているのです。

「ルームはとっても甘えん坊で、養育主さんの後をついて歩くのが大好きです。また養育主さんに何か伝えたいことがある時は、躊躇することなく可愛い声でたくさん話しかけてきます」とセリーヌさんが話してくれました。

こうして衰弱した状態で屋根裏から保護されたルームは、幸せいっぱいの家猫へと生まれ変わることができました。ルームは今でも変わらずヌイグルミの友達のことが大好きで、いつもヌイグルミのそばで安心しながら楽しい毎日を送っているのです。
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう