人生に、もふもふを。

幼い頃に優しい家族に助け出された黒猫。家族から受け取った温かい愛情を、同じ境遇の子猫へと注ぎ続ける

0

2週間前、オーストラリアにある保護団体『キャット・レスキュー901』の元に、小さな迷子の子猫が運ばれてきました。

「子猫のそばに母親の姿はなく、長い間食べ物を口にしていないようでした」と保護団体のジェニー・ストライカーさんは言いました。

その後、子猫の話を聞いた養育ボランティアのカテリーナさんが、すぐに子猫の養育を始めました。『フローラ』と名づけられた子猫は体重が僅か71gで、平均的な子猫よりも随分と小さな身体をしていました。しかしフローラはその小さな身体にもかからわず、強い意志で自分の運命と戦い続けたのです。

それから1日でフローラはシリンジからご飯を食べる方法を学びました。

フローラは食事が終わるたびにカテリーナさんに寄り添いました。フローラはそこで心臓の音を聞き、安心して眠りにつくことができたのです。

フローラのような母親のいない子猫は非常に免疫力が弱く、感染症にかかりやすく、命をつなぐために多くの困難が待ち受けています。カテリーナさんは弱々しいフローラの身体を強くするために、一日中つきっきりで献身的な看護を続けました。

フローラはしばらくの間、感染症のために不安定な状態が続きましたが、カテリーナさんの助けを借りながら戦い続けました。それから何日も眠れない夜が続いた後、フローラはついに快方へと向かい始めたのです。

「フローラはカテリーナさんの努力のおかげで、危機的な状況を何とか乗り越えることができました。」

その後、カテリーナさんの愛猫の『サブリナ』がフローラに会い、温かい手を差し伸べました。サブリナはフローラと同じように、独りぼっちになっていたところを救助された猫でした。

「今から約1年前、サブリナはフローラと同じくらいの小さな子猫でした」とカテリーナさんは言いました。

サブリナはちょうどフローラと同じように保護されて、カテリーナさんのおかげで命をつなぐことができました。

幼かったサブリナは病気と戦っている時に、カテリーナさんから多くの愛情を受け取りました。そして現在、大人の猫へと成長したサブリナは、カトリーナさんが預かってくる子猫達に、たくさんの愛情を注ぎ続けているのです。

サブリナはすぐにフローラを自分の腕の中に招き入れて、まるでフローラが必要としていることが分かっているかのように、優しく世話を始めました。

サブリナはフローラが食事を終えるたびにしっかりと毛づくろいをして、フローラが抱っこを求めている時は、いつまでもそばに寄り添い続けます。そのおかげでフローラはいつも快適に過ごすことができ、毎回喉を鳴らしながら、幸せそうに眠りについているそうです。

「サブリナの愛情はフローラに生きる意欲を与えました。私は彼女の優しさにいつも驚かされています」とジェニーさんは言いました。

その後、2週齢を迎えたフローラは、生まれたばかりの子猫と同じくらいの大きさになりました。まだまだ身体の小さなフローラですが、食欲はとても旺盛で、食事の時間が近づくと大きな声でご飯を要求してくるそうです。

フローラは現在、安全な家の中で日に日に進歩を続けています。フローラはいつもカテリーナさんやサブリナに温かい愛情を感じていて、毎日を幸せいっぱいに過ごしているのです。

こうして衰弱した状態で保護されたフローラは、苦しい時期を乗り越え、無事に成長を始めることができました。きっとカテリーナさんやサブリナに育てられたフローラは、愛情いっぱいの猫へと成長していくことでしょう。
出典:CatRescue901lovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう