人生に、もふもふを。

優しい警察官に助けてもらった迷子の子猫。警察官の心を鷲掴みにして、肩の上を自分のものだと主張する!

0

先週の水曜日、ノースカロライナ州のダーラム警察署の2人の警察官がいつものようにパトロールに出かけましたが、そこで迷子の子猫が自分達の人生を変えることになるとは思ってもいませんでした。

警察官のロージーさんとマズニックさんは、パトロール中に小さな毛の塊を見つけました。気になった二人が毛の塊の方へと向かうと、それが子猫だと分かりました。子猫は独りぼっちで、とても怖がっていました。

二人は子猫の母親や兄弟を探すために、近所の人達に話を聞いて回りました。しかし、子猫のことを知る人はおらず、子猫に行く家がないことが分かりました。

二人は子猫がひとりでは自分の身を守れないと感じたため、子猫をパトカーへと連れて行きました。そして、ロージーさんが子猫をタオルで包んで落ち着かせました。さらにロージーさんが子猫を撫でたり、抱きしめたりすると、子猫はとても安心したようで、すぐに自分の殻から出てきました。

その後もたくさんのハグをされた子猫は、ロージーさんの肩の上に登って、そこが自分のものだと主張し始めました。そして、まるで路上での生活に別れを告げる準備ができているかのように、ロージーさんの肩の上で「ニャー!」と愛らしい声で吠えたのです。

子猫はすぐにロージーさんの心を鷲掴みにしました。ロージーさんは子猫のことを手放すことができなくなり、家族の一員として迎えることを決めました。ロージーさんはその後、子猫を動物病院へと連れて行き、子猫に『ドビー』と名づけました。

こうして約6週齢のドビーは、ロージーさん達のおかげで新しい人生をスタートさせることができました。ロージーさんは以前にも猫を保護したことがあるそうで、ドビーが2匹目の保護猫だそうです。

ドビーはもう食べ物や避難場所を求めて、路上を彷徨い歩く必要はありません。今のドビーには素敵な家があり、いつもそばには大好きな家族がいるのです。そして、ドビーを家族に迎えたロージーさんも、ドビーのおかげで毎日の生活がさらに豊かになったそうです(*´ω`*)
出典:TheDurhamPolicelovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう