人生に、もふもふを。

お腹を空かせて庭に現れ、窓を引っ掻きながらご飯を要求してきた子猫。保護から数日後の幸せいっぱいの姿に心が温まる

0

ある日、カナダのモントリオールに住む女性が、家の庭から聞こえてくる子猫の声に気づきました。女性が外を見ると、窓のところに子猫がいて、家の中に入りたそうにしていました。

子猫のそばには母親の姿がなく、ひとりで庭に迷い込んだようでした。そんな独りぼっちの子猫が家の中の女性に気づくと、さらに大きな声でご飯を求めてきました。その後、女性が缶詰をポーチに置くと、空腹だった子猫は物凄い勢いで食べ始めました。

女性は近所の人達に子猫の世話をしている人がいないか聞いて回りましたが、誰も子猫のことを知っている人はいませんでした。そこで女性は地元の保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』に連絡をして、助けを求めました。

その後すぐに養育ボランティアのモーリンさんとミレーナさんが、子猫を引き取るために車を走らせました。そして二人が女性の家に到着すると、子猫は既に新しい生活を始める準備が整っているかのように、二人のところへと一直線に向かってきました。

子猫は生後約3ヶ月でとても痩せ細っていて、獣医さんによる治療を必要としていました。「子猫は非常に痩せていて、長い間食事をしていないことが分かりました。彼女はお腹を満たすために、女性の家へとやって来ました」と保護施設のセリーヌ・クロムさんが言いました。

「私達は子猫に『ペニー』と名づけました。彼女はすぐに養育主さんの腕の中で温まり、車に乗っている間中ずっと満足そうに話をしていました。」

動物病院で治療を受けたペニーは、養育主さんの家で人間との暮らしを学び始めました。それは今までずっと路上で暮らしてきたペニーにとって、とても大きな変化でした。

「ペニーが屋内での生活に慣れるまでには数日がかかりました。彼女はゆっくりと自分の殻から出てきて、オモチャで遊び始めました。」

またペニーはたくさんのご飯が嬉しくて、毎回心ゆくまでご飯をお腹に詰め込みました。そのおかげでペニーの身体は日に日に大きくなっていったそうです。

ご飯をモリモリ食べて健康になったペニーは、元気いっぱいに部屋中を駆け回るようになりました。「ペニーは柔らかいものが好きで、キャットツリーに登るのが大好きです。また彼女はとても甘えん坊で、いつも身体を撫でさせてくれます。」

ペニーは洗濯物が入ったバスケットや様々なキャビネットの中に入るのが好きで、秘密の昼寝場所を見つけるのが得意です。ペニーはその愛らしい特技で、いつも養育主さんを驚かせているそうです。

そして保護から数週間が経った頃、ペニーは完全に里子に出る準備を整えました。

その後すぐにペニーの前に一組の家族が現れて、一目でペニーに恋をしました。家族はちょうど1週間前にペニーのことを迎えに来て、ペニーとの新しい生活を始めました。

それはペニーにとっても自分の夢が叶った瞬間でした。

ペニーは現在、生涯の家で日光浴やバードウォッチングを楽しんでいます。ペニーはこれからも安全な家の中で過ごしながら、幸せいっぱいの日々を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう