人生に、もふもふを。

お互いのそばを決して離れようとしない双子の子猫達。いつもピッタリ寄り添って、お互いの心を温め続ける (*´ェ`*)

0

ある日、カナダのモントリオールにある保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』に助けが必要な子猫達についての連絡が入りました。保護施設の近くに住む家族が、飼い猫が出産した子猫達を育てることができず、オンライン上で引き取ってくれる人を探していたのです。

「私達は子猫達がより良い人生を送れるように、子猫達をしっかりと養育し、信頼できる里親さんを見つける必要があると感じました」と保護施設のスタッフが言いました。

その後、スタッフのミレナさんとモウリーンさんが、家族の元に子猫達を迎えに行きました。そして2匹の子猫を引き取り、家族が飼っている猫の避妊手術を手助けすることを申し出ました。

スタッフ達は引き取った子猫の兄弟に『ベルリオーズ』と『ショパン』と名づけ、獣医さんの元に連れて行きました。子猫達はそこで必要な治療を受けて、養育ポランティアのエマさんの家へと向かいました。

子猫達の養育を始めたエマさんは、子猫達が驚くほどの深い絆で結ばれていることにすぐに気づきました。子猫達は非常に似ているだけでなく、家のあちこちでお互いのことを追いかけて、決してお互いのそばから離れようとはしませんでした。

「子猫達はエマさんの家にすぐに落ち着いて、一緒に遊んだり、一緒に走り回ったりし始めました。子猫達はとてもよく似ていて、ベルリオーズは可愛い口髭を持っています。」

ベルリオーズよりも少し小さなショパンは、抱っこされるのが大好きな男の子です。そのため昼寝の時間を迎えると、ショパンはベルリオーズに包み込んでもらうために、ベルリオーズのところに向かって行き、ピッタリと寄り添い始めるそうです。

一方のベルリオーズはとても好奇心が旺盛で、いつもエネルギーに満ちていて、動くもの全てに興味津々です。ベルリオーズは激しく遊ぶのが好きで、一日に何度もショパンに飛びつきます。

ショパンはそんなベルリオーズのマネをしながら、一緒になって楽しそうに遊んでいるそうです。

そして子猫達が別々の部屋に行ってしまった時は、お互いの姿が見つかるまでノンストップで鳴き続けます。さらにどちらか一方がキャットツリーに登ると、残った方もすぐに後に続いて、一緒に丸くなって喉を鳴らし始めるそうです。

現在、ヤンチャな子猫達はエマさんのおかげですくすくと成長しています。あと数週間で子猫達は十分な大きさになり、新しい家を探す準備が整うそうです。

「ベルリオーズとショパンは一心同体で、お互いのそばを離れることはありません。そのため私達はふたりを一緒に引き取ってくれる里親さんを探すことに決めました。それまでの間、ふたりは十分に広いスペースで、楽しい時間を過ごしていくことでしょう。」

子猫達はお互いのそばにいる時が一番幸せです。子猫達は毎日心ゆくまで遊んで、ピッタリと寄り添いながら夢の世界へと旅立っていくのです。

こうして強い絆で結ばれた子猫達は、優しいエマさんに見守られながら元気いっぱいに成長しています。きっと子猫達が一緒なら、どんな家にもすぐに慣れて、楽しい毎日を送り始めることでしょう(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう