人生に、もふもふを。

身体に障がいのある兄弟に寄り添いながら、愛情を注ぎ続ける幼い子猫。深い絆で結ばれた3匹の幸せそうな姿に心が温まる

0

ある日、3匹の子猫の兄弟が路上から保護され、動物病院へと連れて来られました。その後、獣医のジーン・ゴーさんによって、3匹のうちの2匹が漏斗胸(ろうときょう。胸骨が胸の中に沈み込む病気)と診断されました。

子猫達はまだ幼かったため、誰かの助けを必要としていました。そんな子猫達の話を聞いた保護施設『セービング・グレイス・レスキュー』は、すぐに子猫達を預かることを申し出ました。子猫達は胸の手術が必要かどうかを判断するために、もう少し成長したら再び検査を受けることになりました。

「ジーン先生は私達が以前、漏斗胸の子猫達の世話をしていたことを知っていました。子猫達はまだ若く、産まれてから5日しか経っていませんでした」と施設の創始者のアンバー・ローズさんは言いました。

アンバーさんは子猫達を引き取ると、養育ボランティアのサラさんの家に連れて行きました。子猫達を預かったサラさんは、一日中子猫達の世話を続けたそうです。

とっても仲良しな子猫達は、保護された時から完全に切り離すことができませんでした。子猫達はお互いに片時もそばから離れようとせず、兄弟の誰かがいなくなるとすぐに鳴き始めるそうです。

また、『レイニエル(明るい茶トラ)』と名づけられた子猫は、漏斗胸の『エベレスト(一番暗い茶トラ)』と『フジ(茶トラ)』のことをとても心配しているようで、いつも寄り添いながら見守っているそうです。

幸いなことに胸の障がいはエベレストとフジをそれほど悩ませていないようでした。2匹は成長するに連れて、レイニエルのように遊んで、家の中を探検するようになったのです。

5週齢になった子猫達は、さらに人間生活に慣れるために、別の養育主さんの家へと引っ越しました。新しい養育主になったジョイスさんは、子猫達と出会ってすぐに3匹の絆の深さに驚いたそうです。

「子猫達は本当にお互いのことを愛しています。子猫達は一緒に遊んで、一緒に食べて、一緒に眠ります」とジョイスさんは言いました。

子猫達が大きくなるにつれて、さらに絆も深まっていったそうです。

そんな子猫達の愛らしい姿にジョイスさんは、いつも心が温められているそうです。

子猫達は毎日元気に遊び、たくさんのイタズラをしています。そして遊び疲れると、みんなで一斉にお昼寝を始めるそうです♪

またジョイスさんが子猫達を抱きしめる時は、必ず3匹を一緒に抱きしめないといけないそうです。もし全員を一緒に抱きしめないと、残された子猫が必ず大きな声で抱っこを要求してくるのだそうです♪

優しい人達の元ですくすくと成長している子猫達は、すっかり人間生活に溶け込み、毎日を楽しく過ごしています。きっとエベレストとフジは漏斗胸を乗り越えて、いつまでも兄弟一緒の幸せな日々を送っていくことでしょう。
出典:specialfeatureskittenslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう