人生に、もふもふを。

助けを求めてきた独りぼっちの子猫。保護先で出会った気難しい先住猫とあっという間に仲良くなって、家族を驚かせる!

0

ある日、お腹を空かせた迷子の子猫が、ジャスティン・ラローズさんが営む木材店に現れました。

子猫はお店の中を見つめながら、中に入れて欲しそうに鳴き始めました。声に気づいたジャスティンさんが窓の方に向かうと、身体に塗料がついた子猫の姿を発見しました。

ジャスティンさんはすぐに子猫を抱え上げて、身体の状態を確認しました。子猫は痩せ細って汚れていましたが、すぐにゴロゴロと喉を鳴らし始め、助けてもらえたことに喜びを感じているようでした。

その後、動物病院から帰ってきた子猫は、ジャスティンさんと妻のクリスティンさんに全身を綺麗にしてもらい、ご飯をお腹いっぱいに食べさせてもらいました。夫婦の家には元々、3匹の先住猫と先住犬がいて、お店には番犬もいました。夫婦は子猫に里親さんが見つかるまでの間、子猫を養育することに決めました。

夫婦は子猫に『クリュ』と名づけ、室内生活に慣れさせ、先住猫達の力を借りながら家猫としての生き方を学ばせることにしました。先住猫達はみんな路上から保護された猫で、『オリー』という名前の猫はとても気難しい性格の持ち主でした。

以前のオリーは非常に野生的な猫で、室内生活を受け入れるまでにはとても長い時間がかかりました。「オリーが今の環境に落ち着くまでには4年以上もかかりました。彼は犬を愛していますが、他の猫とはいつも距離を置いています」とクリスティンさんは言いました。

そんな気難しいオリーですが、クリュにだけは違う反応を示し、夫婦のことを驚かせました。クリュが家に来てから1日も経たないうちに、オリーはクリュのことを完全に受け入れたのです。

オリーはクリュを自分のベッドに連れて行き、たっぷりと愛情を注ぎ始めました。時々クリュにもみくちゃにされることもありますが、オリーは全く気にしていないそうです。

オリーはすっかりクリュのお兄さん代わりになって、いつもクリュのことを安心させているそうです。

2匹はいつも一緒に食事をして、いつも一緒に昼寝をします。

オリーがそばにいると、クリュは自信に満ち溢れて、ヤンチャな姿をいっぱい見せてくれるそうです。

最初はクリュを里子に出そうと考えていた夫婦でしたが、クリュが既に自分の家を見つけていることに気づきました。

「クリュは私達の家で花を咲かせました。私達はその姿を見て、彼を手放すことができなくなりました。」

オリーはいつもクリュに猫としての生き方を教え、クリュが愛情を必要としている時はいつまでもそばにいてあげるそうです。

その後もすくすくと成長を続けたクリュは、生後6ヶ月でオリーの大きさに随分と近づきました。2匹はさらに絆を深め、毎日を幸せいっぱいに過ごしているそうです。

「私達はオリーの目の前にこんなにピッタリの相棒が現れるとは思ってもいませんでした。彼らの絆は本当に特別なものです」とクリスティンさんは嬉しそうに話してくれました。

こうして独りぼっちで路上を彷徨い歩いていたクリュは、最高の家に辿り着くことができました。これからもクリュとオリーはお互いに愛情を注ぎ合いながら、いつまでも幸せいっぱいに寄り添い続けることでしょう(*´ω`*)
出典:fur_force_fivelovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう