人生に、もふもふを。

ひどく衰弱し、生死の境を彷徨っていた子猫。優しい人達が懸命に命を繋ぎ止め、幸せいっぱいの子猫へと生まれ変わる

0

ある日、生後7週の子猫が路上で見つかりました。子猫は重度の上気道感染症を患っていて、ひどく痩せ細り、呼吸困難に陥っていました。

子猫を見つけた人達は、猫の世話することができなかったため、いくつかの保護施設のSNSにメッセージを送りました。すると地元の保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』からすぐに返事がありました。

「子猫は幸運でした。子猫の発見がもう少し遅れていたら、確実に命を落としていました。私達はすぐに子猫を助けに向かいました」と施設のセリーヌさんは言いました。

施設のスタッフのスーさんが現地へと向かい、衰弱した子猫を引き取ると、すぐに施設へと戻ってきました。「子猫はとても小さく、まさに骨と皮だけの状態でした。私達は彼に『マーフィー』と名づけました。」

マーフィーは獣医さんの元で必要な治療を受けました。そして経験豊富な養育主さんの家で、看護を受けることになったのです。

「幸いなことにマーフィーはすぐに新しい環境に適応しました。彼は少しずつ身体を回復させ、徐々に好奇心が湧いてきました。しばらくすると彼は走れるようになり、家の中で遊ぶようになりました。」

保護から数日後、マーフィーの目は随分と回復しました。マーフィーはこれまでの数回の通院で、耳があまり聞こえていないことが分かりました。しかし、それがマーフィーの行動を制限することはありませんでした。

マーフィーはシラミの治療を受けた後、全身の毛をカットしました。そのおかげで痒みなどから解放されたマーフィーは、すぐにリラックスし始め、人間に甘えてくるようになりました。

マーフィーは養育主さんの家で快適に過ごし、日に日に回復しています。すっかり甘えん坊になったマーフィーは、いつも養育主さんに寄り添いながら喉を鳴らし続けているそうです。

「マーフィーは人間や他の猫達のことが大好きです。彼は誰にでも挨拶をして、一緒に遊びたそうにしています。」

マーフィーは保護からわずか数週間で、輝く瞳を持ったエネルギー溢れる子猫へと変身しました。養育主さんは多指症のマーフィーの指が大好きで、それがマーフィーの可愛らしさを倍増させているように感じているそうです。

こうして衰弱していたマーフィーは、優しい人達のおかげで元気を取り戻すことができました。保護された時は先の見えない状態だったマーフィーですが、今は明るい未来がはっきりと見えているのです。

これからもマーフィーは毎日の生活に幸せを感じながら、元気いっぱいに遊び回り、すくすくと成長していくことでしょう(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう