人生に、もふもふを。

弱々しかった妹をいつも心配していた兄猫。妹をしっかりと抱きしめながら愛情を注ぎ続け、危険な状態から救い出す

0

ある日、5匹の子猫が路上で見つかり、養育ボランティアのアシュリーさんの家へとやって来ました。

「子猫達にはお母さんがいませんでした。みんなノミに覆われていて、重度の栄養失調に陥っていました」とアシュリーさんは言いました。

子猫達が家に来てから何度目かの朝を迎え、お風呂で身体を綺麗にした子猫達は、ようやくノミから解放されました。しかし、子猫達はまだ危険な状態からは脱していませんでした。特にシャムのミックスの『レイア』は衰弱が激しく、全身の毛にも元気がありませんでした。

そんな弱々しいレイアのそばに、ずっと寄り添い続ける兄猫がいました。兄猫の名前は『チューウィー』。チューウィーは常にレイアのことを心配していて、片時もそばから離れようとしなかったのです。

「ふたりはいつも一緒に抱き合っていて、お互いの毛づくろいをするのが大好きでした。」

チューウィーはお気に入りの毛布の上で、いつもレイアを抱きしめていました。そして、レイアを安心させようと、喉を鳴らし続けたのです。

チューウィーは常にレイアのことを気にかけていました。レイアが愛情を必要としている時はすぐに寄り添って、毛づくろいをしてあげるそうです。

最初は弱々しかった子猫達ですが、ほとんど眠らずに看護を続けたアシュリーさんのおかげで、徐々に元気を取り戻していきました。そして、子猫達が十分に成長すると、子猫達は次々と里親さんの元へと旅立って行ったのです。

そして最後にチューウィーとレイアが残りました。

随分と成長したふたりですが、チューウィーは相変わらずレイアのことを見守り続けていました。

一方のレイアは、チューウィーお兄ちゃんにかまってもらえるのが嬉しくて、いつも幸せな表情を見せてくれたそうです。

そして2ヶ月後、ふたりは無事に同じ家族の元へと引き取られていきました!

「私はずっと、ふたりが同じ家に迎えられることを望んでいました。そのため、彼らの家が決まった瞬間、私はとっても興奮しました!」

「私は子猫達を育てられることに、大きな喜びを感じています。まだ母親の愛情が必要な子猫達を育て、生涯の家で幸せそうに暮らす姿を見られるのは、とても幸せなことです」とアシュリーさんは嬉しそうに話してくれました。

新しい家に着いたレイアとチューウィーは、『キキ』と『モチ』という名前に変わったそうです。

ふたりは相変わらず幸せいっぱいです!

アシュリーさんの家にいた頃は、こんなに小さかったふたりですが…

こんなに大きく成長することができました!

こうして幼い頃からずっと一緒だったふたりは、アシュリーさんの元で成長し、生涯の家を見つけることができました。いつも幸せそうに寄り添うふたりの姿に、自然と心が温まりますね(*´ω`*)
出典:youngestoldcatladylovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう