人生に、もふもふを。

動物病院で一命を取り留めた猫。不自由な足にも負けず、病気で弱った動物達を励まし続ける

0

猫の『リューシク』は子猫の頃に脊椎を損傷して、ロシアのペルミにある動物病院に運ばれて来ました。リューシクは高い窓から落ちて、足を麻痺してしまったのです。

リューシクは獣医さんの助けを借りて、驚くほどの回復を遂げました。しかし、リューシクの後ろ足が再び動くことはありませんでした。

その後、病院で暮らすことになったリューシクは、自然と病院に来る動物達に愛情を注ぐようになりました。そして、いつの間にかみんなの心の支えになっていったのです。

リューシクは病院に重病の動物達が運ばれてくると、足を引きずりながら姿を現します。そして、動物達の近くまで行くと、「心配しないでね。すぐに良くなるから」と励ましてあげるのです。

リューシクはいつも動物達に寄り添いながら精神面のサポートを行いますが、それだけではありません。運ばれてきた猫の出血がひどい時には血液ドナーとなり、自分の命を分けてあげることもあるのです。

こちらはリューシクが入院中の動物を見守っている様子です。リューシクはどんな動物とも仲良くなれる不思議な力を持っているそうです。

入院したばかりの動物達は慣れない環境に戸惑いますが、リューシクの喉の音を聞くととても安心するそうです。そして、ストレスから解放された動物達は、回復力がとても高まるそうです。

病院には犬や猫以外にも、様々な動物達がやって来ます。リューシクはどんな動物にも思いやりを持って接するため、この病院に来る動物達はみんな安心して入院生活を送ることができるのです。

もしかするとリューシクは自分自身が大怪我を経験したため、動物達の心や体の痛みが分かっているのかもしれませんね。

みんなに優しいリューシクは病院の人気者です。献身的に看病するリューシクに、動物達や飼い主さん達はとても感謝しているそうです。

また、病院が定期的に行っている獣医学のオンラインセミナーでは、いつもボランティアでリューシクが参加して、みんなを喜ばせているそうです。

リューシクは病院で働くスタッフとも仲が良く、休憩時間になると愛らしい姿を披露して、スタッフの疲れを吹き飛ばしてくれるそうです♪

そんなリューシクですが、時にはお茶目な姿を見せてくれることも。こちらはシュレッダーとして大活躍するリューシクの姿です♪

リューシクは足に障がいがありますが、どうやら本人はあまり気にしていないようです。それよりもリューシクは、1匹でも多くの動物達に笑顔が戻って欲しいと願っているのです。

信じられないほど活発で思いやりのあるリューシクは、これからも多くの動物達に手を差し伸べて、たくさんの命を救い続けていくことでしょう(*´ェ`*)
出典:klykpermlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう