人生に、もふもふを。

迷子の子猫の叫び声を聞いた瞬間、駆け寄ってきた犬。保護された子猫の成長を助けながら、優しい眼差しで見守り続ける

0

ある日、母親のいない幼い子猫が路上で見つかりました。独りぼっちだった子猫は助けを求めて鳴いていましたが、保護された直後に3匹の優しい兄弟との出会いが待っていました。

保護子猫出典:mr_tiny_pants (lovemeow)

9月1日、フロリダに住むベス・ウォールデンさんがFacebook上で、生後1日の子猫についての投稿を目にしました。子猫は独りぼっちのところを発見されて、誰かの助けを必要としていました。

ベスさんはすぐに返事を出し、子猫を助けることを申し出ました。そして翌朝、ベスさんは娘と一緒に子猫のところへと向かいました。子猫はとてもお腹を空かせていたため、ベスさんはすぐに近くの店に入り、子猫用のミルクと必要なものを用意しました。

「私達がシリンジを買った後、子猫はお店の駐車場で最初の食事をしました」とベスさんは言いました。

ベスさんは引き取った子猫に『ミスター・タイニーパンツ』と名づけました。タイニーは勢いよくミルクを飲み干し、生きようとする強い意志をベスさんに示しました。

「保護された時のタイニーはまだ目が開いておらず、へその緒がついたままでした。でも彼は一生懸命に身体を動かしていました。」

その後、タイニーがベスさんの家に到着すると、3匹の先住犬がタイニーの叫び声に気づき、すぐにタイニーのところへと駆け寄ってきました。

ベスさんはタイニーの安全を確保しながら、先住犬達にタイニーのことを紹介しました。先住犬達は早速タイニーの毛づくろいをして、母親のように接し始めたそうです。

特に『サルバドール』はタイニーを常に気遣うようになり、タイニーが鳴くたびにチェックしに来るようになりました。

タイニーの目が閉じられている間、タイニーは絶えず愛情を求めてベスさんや先住犬達を探し回っていました。ベスさんはタイニーにひとりではないことを感じさせるために、一日の多くの時間をタイニーと一緒に過ごしたそうです。

それから数週間で、タイニーは次々とできることを増やしていきました。

そんなタイニーのことをいつもそばで見守っていた先住犬達は、タイニーが初めて目を開いた時も、ベスさんと一緒に喜びを分かち合ったそうです。

タイニーが十分に大きくなると、ベスさんは初めて先住犬達にタイニーを抱っこさせてみました。タイニーはすぐに腕の中でくつろいで、大きな音で喉をゴロゴロと鳴らし始めたそうです。

優しい先住犬達のおかげでタイニーの心は安定し、愛されていることに幸せを感じているようでした。

すくすくと成長を続けるタイニーは、先住犬達に守られながらいつも楽しそうに遊んでいます。タイニーは先住犬達と一緒だと落ち着くようで、遊び疲れると寄り添いながら眠り始めるそうです。

そしてついにタイニーは部屋の中を歩き始めました。もちろん先住犬達はタイニーが最初の一歩を踏み出した時も、そばでじっと見守っていたそうです。

先住犬達は幼い弟のことをとても大切に想っていて、成長の段階を優しい眼差しで見守り続けているのです。

現在、タイニーの体重は510gになりました。「私がタイニーを初めて動物病院に連れて行った時は、体重が113gでした。彼は日に日に大きくなっていて、毎日確実に力強くなっています!」とベスさんは話してくれました。

こうして独りぼっちで保護されたタイニーは、新しい家で3匹の兄弟に出会うことができました。タイニーはもう独りぼっちになることはありません。タイニーはこれから先もずっと優しい家族に囲まれながら、楽しい毎日を過ごしていくことでしょう(*´ω`*)
出典:mr_tiny_pantslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう