人生に、もふもふを。

保健所から引き取られた、悲しそうな顔の子猫。安全な生活の中で、元気いっぱいのおしゃべり好きの子猫に変わる!

0

今から1週間前、生後2週の子猫がカナダのモントリオールの路上を独りぼっちで彷徨い歩いていました。子猫はその後、地元の保健所へと連れて行かれ、先の見えない生活を送り始めました。

包まれた子猫出典:Rescuechatonsmontreal

保健所には子猫を育てるための道具が揃っていなかったため、職員達は地元の保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』へと連絡をして、子猫を受け入れることができるかを尋ねました。連絡を受けたスタッフはすぐに子猫を引き取りに行き、子猫に『ビルグル』と名づけて看護を始めました。

施設に到着した時のビルグルは体重が250gで、全身がノミで覆われていて、とても悲しそうな目をしていました。またビルグルは非常に空腹で、ご飯が運ばれて来ると勢いよく食べ始めたそうです。

悲しそうな子猫出典:Rescuechatonsmontreal

「この歳でお母さんがいなかったビルグルは、それほど長くは持たなかったことでしょう」とスタッフは言いました。

その後、何回かのお風呂でビルグルのノミは完全に取り除かれました。するとビルグルはとても気分が良くなったようで、幸せそうに喉を鳴らし始めたそうです。

幼い子猫出典:Rescuechatonsmontreal

ビルグルは2時間おきにシリンジでご飯を食べさせてもらいました。ビルグルはひとりになることを嫌がっていて、近くに誰もいなくなると愛情を求めて鳴いてきました。

ご飯を食べる子猫出典:Rescuechatonsmontreal

ビルグルは優しい養育主さんのおかげで、1週間も経たないうちに体重が100g増えました。またビルグルの口には歯が生え始め、自分でご飯を食べることを学び始めたそうです。

見つめる子猫出典:Rescuechatonsmontreal

「ビルグルはとてもおしゃべりな女の子です。もし彼女が誰かを必要としている時は、大きな声で鳴き始めます。」

「また、寂しがり屋のビルグルは養育主さんがいる時だけご飯を食べます。彼女はふっくらとしたお腹を持った、愛らしい子猫です。」

包まれる子猫出典:Rescuechatonsmontreal

ビルグルは現在、2人の養育主さんに24時間の世話をされています。ビルグルはお腹を撫でられるのが大好きで、養育主さんにお腹を撫でてもらうと幸せそうな姿を見せてくれるそうです♪

くつろぐ子猫出典:Rescuechatonsmontreal

そんな優しい人達のおかげですっかり人間好きになったビルグルは、毎日が幸せいっぱいで喉のゴロゴロが止まらなくなってしまったようです♪

持たれる子猫出典:Rescuechatonsmontreal

こうして路上でお腹を空かせていたビルグルは、安全な生活の中で大きく変わることができました。

出て来た子猫出典:Rescuechatonsmontreal

今のビルグルは幸せで、健康で、とってもおしゃべり好きの子猫なのです。

座る子猫出典:Rescuechatonsmontreal

ビルグルはこれからもすくすくと成長を続け、その愛らしい姿でみんなの心を温め続けることでしょう(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう