人生に、もふもふを。

嵐の中、信号待ちの車の下に駆け込んだ子猫。その愛らしい姿で、助けてくれた男性を悲しみの中から救い出す (4枚)

0

今から3週間前の嵐の日のこと。その日、激しい雨の中を車で帰宅していた女性が、自宅近くの信号で止まっていました。すると突然、道路脇から現れた子猫が、女性の車の下に駆け込んできたのです。

見上げる子猫

女性はすぐに同居していたサム・ステイリーさんに電話をしました。連絡を受けたサムさんは全てのことを中止して、子猫の元へと急いだのです。

サムさん達は一緒に子猫の救助を始めました。最初は怖がって威嚇してきた子猫ですが、2人が助けてくれようとしているのが分かったのか、しばらくすると車の下から出てきたそうです。

サムさん達はびしょ濡れの子猫を拭くと、震える身体を温めながら自宅へと連れ帰りました。そして、『ケイン』と名づけて、家族に迎えることにしたのです。

頭をいじる子猫

ケインがサムさんの心をとりこにするのに、全く時間はかかりませんでした。

「ケインはとても冒険好きの男の子ですが、まだ人の前では恥ずかしがり屋です。いつも気のない素ぶりを見せるケインは、私が横になるとこっそりと近づいてきて、寄り添って眠り始めるのです。」

見つめる子猫

その後、失恋してしまったサムさんでしたが、ケインが悲しい心を温めてくれました。ケインはサムさんがそばで見守ってくれたように、サムさんをそばで見守ってあげたのです。サムさんはそんな優しいケインに、いつも感謝しているそうです。

そして3週間後。
サムさんとケインはすっかり親友になりました。ケインはサムさんのおかげで健康になり、幸せな毎日を送っているそうです。

膝好きの子猫

こうして車の下から助け出されたケインは、サムさんを悲しみの中から救い出しました。サムさんの素敵なパートナーになったケインは、今日も大好きな膝の上でゴロゴロと幸せそうに喉を鳴らしているそうです。

出典:Sam Staley

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう