人生に、もふもふを。

オーストラリアで迷子になった猫。地球の裏側のアイルランドで、飼い主さんと奇跡の再会! (8枚)

0

10歳の猫『ジョージ』は、オーストラリアのシドニーでフィオナさんと一緒に幸せに暮していました。しかし2015年の3月、フィオナさんが体調を崩し、治療のためにアイルランドに戻らなければならなくなると、ジョージの生活は一変したのです。

フィオナさんは、アイルランドからすぐに帰れると思い、ジョージの世話を隣の住人にお願いしました。しかし、フィオナさんの健康状態は思った以上に悪く、アイルランドでの長期間の滞在を余儀なくされたのです。

フィオナさんはジョージをアイルランドに呼ぶ計画を立て始めました。しかし、その最中に、ジョージの世話をお願いしていた隣の住人が、ジョージを置いて引っ越してしまったのです。

まったり猫

取り残されたジョージはひとりで生きて行くために、近所を彷徨い始めました。そして、ジョージは迷子になってしまったのです。

しばらくすると、道端を歩いていたジョージを優しい人が保護して動物病院へと連れて行きました。そして、マイクロチップの情報からフィオナさんに連絡が入ったのです。フィオナさんは事情を説明すると、動物病院がジョージを有料で預かってくれることになりました。

フィオナさんはジョージに辛い思いをさせた事に、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。フィオナさんは一刻も早くジョージをアイルランドに呼びたいと思ったのですが、今のフィオナさんにはジョージの渡航費を出す余裕がなかったため、どうしてよいか分からなくなってしまったのです。

こちらを見る猫

そんなフィオナさんに力を貸してくれたのがアイルランドに住む2人の友人でした。フィオナさんが困っていることを知ったサラさんとケイトさんが、ジョージの渡航費を集めるために、クラウドファンディングサービス『GoFundMe』で、世界中の人に向けて資金援助を呼びかけてくれたのです。

しかし、その間にもオーストラリアのジョージは、悪い状況へと向かっていました。動物病院がジョージを長い間預かっていたため、費用がどんどん膨らんでいたのです。そして、一向にフィオナさんからの入金がなかった病院側は、ジョージをこれ以上預かることはできないと判断し、里親さんを探し始めることにしたのです。

フィオナさん達にはタイムリミットが近づいていました。

幸せそうな猫

ジョージをアイルランドへ呼ぶためには、渡航費や医療費、病院での宿泊費を合わせて50万円ほどの金額が必要になりました。フィオナさん達は寄付が集まるかとても不安でしたが、世界中の人達がジョージの話に共感し、少しずつ寄付が増えていきました。

そして、ついにジョージのための資金が集まったのです!

カッコいい猫

2016年9月2日。ジョージはオーストラリアから、フィオナさんの待つアイルランドへと飛び立ちました。そして、離ればなれになっていたふたりが空港で再会したのです!

そこには、力を貸してくれたサラさんとケイトさんの姿もありました。

猫を捕まえた

二度とジョージに会えないと思っていたフィオナさんは、ジョージが近くにいる幸せを噛み締めたのです。

猫との再会
猫が見つかった
猫に喜ぶ

ふたりの再会は、惜しみなく力を貸してくれたサラさんとケイトさん、そして温かい寄付を寄せてくれた世界中の人達のおかげで実現することができました。1年半ぶりに再会したふたりは、もう二度と離れることはありません。これからは、一緒に暮していた頃のように、幸せな毎日を送っていくことでしょう。

出典:metro.co.uk

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう