人生に、もふもふを。

農場を彷徨い歩いているところを保護された子猫。優しい男性の肩の上に駆け上がり、そのまま家族の一員に (*´ω`*)

0

ある日、ジェシー・アラゴーナさんは農場で迷子になっていた子猫の話を聞きました。子猫のことが気になったジェシーさんは、すぐに車で農場へと向かいました。

乗る子猫出典:Jesse Aragona (lovemeow)

「農場で暮らしている女性が、納屋の中で子猫を発見しました。のちに私が『バッキー』と名づけた子猫は、とっても内気で怖がりでした。彼は隠れることのできる隙間に、じっと身を潜めていました」とジェシーさんは言いました。

猫好きのジェシーさんは、バッキーの姿を見ると一瞬で恋に落ちました。ジェシーさんは怖がるバッキーに敵意がないことを示しながら、ゆっくりと近づいていきました。そしてバッキーを落ち着かせると、そのまま優しく抱え上げたのです。

その後、ジェシーさんが自宅に着くと、バッキーはすぐに肩の上に駆け上がってきて、暖かさを求めて肩にしがみついてきました。そしてその時からバッキーは、ジェシーさんのそばを片時も離れなくなったのです。

寄り添う猫出典:Jesse Aragona

バッキーはすっかり肩の上がお気に入りの場所になり、一日に何度も肩の上に登りたいと要求してきました。しかし、ジェシーさんはこの時はまだ軍隊にいたため、3週間の間、バッキーを婚約者に預けなければなりませんでした。

その後、ジェシーさんが再び家に戻ってくると、バッキーはすぐにジェシーさんのことを認識して、幸せそうに抱きついてきたそうです。そしてバッキーは以前のように、ジェシーさんの肩の上に登るようになりました。どうやらその場所は完全にバッキーの特等席になっているようです。

見つめる猫出典:Jesse Aragona

ジェシーさんはバッキーがスカーフや帽子に包まりながら、幸せそうに過ごしている姿をよく見かけます。そんなバッキーのことをジェシーさんが撫でると、すぐにゴロゴロと喉を鳴らし始めるそうです♪

寄り添う猫出典:Jesse Aragona

家の中には猫用のベッドや寝る場所がたくさんありますが、バッキーはいつもジェシーさんに寄り添いながら昼寝をしているそうです。

その後、ジェシーさんの元ですくすくと成長したバッキーは、あっという間に大人の猫になりました。随分と身体が大きくなったバッキーですが、ジェシーさんとの関係は子猫の時から全く変わっていないそうです。

見つめる猫出典:Jesse Aragona

「バッキーは大きく成長しましたが、今でも私の肩が大好きです。彼は私と暮らし始めてからずっと、最高の『肩猫』です」とジェシーさんは嬉しそうに話してくれました。

肩乗り猫出典:Jesse Aragona

ジェシーさんはしばらくして、別の保護子猫を家族に迎えました。最初は猫達が上手くいくか心配していたジェシーさんでしたが、子猫は肩の上よりも膝の上が好きだったため、バッキーは子猫のことをすぐに受け入れてくれたそうです♪

寄り添う猫と男性出典:Jesse Aragona

ちなみに現在、ジェシーさんの家には3匹の猫が住んでいるのですが、いつも3匹のうちの誰かが寄り添ってくるため、ジェシーさんにはプライベートの時間がないそうです( *´艸`)

相変わらずジェシーさんのことが大好きなバッキーは、ジェシーさんが帰宅するとすぐに肩を求めて駆け寄ってきます。

遊ぶ猫出典:Jesse Aragona

そしてジェシーさんの肩の上に登り、最高の幸せを感じているそうです♪ その姿はまさに家の中の王様です!

乗る猫出典:Jesse Aragona

こうして農場で出会った内気なバッキーは、ジェシーさんのおかげで人間好きの猫へと生まれ変わりました。今のバッキーはいつも自信に満ち溢れていて、毎日の生活を存分に楽しんでいるのです♪
出典:Jesse Aragona/lovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう