人生に、もふもふを。

船乗りメインクーン。耳の聞こえないご主人の代わりに音を聞き、航海の手助けをする! (8枚)

0

メインクーンの『スキャッティー』は、生後2ヶ月の頃にポールさんの家にやって来ました。

ポールさんは、ニュージーランドのオークランドに住んでいるプログラマー。海が大好きで、大西洋の中南部を横断するために約10mの船を自分で作ってしまったそうです!

船に乗る猫

そんなポールさんですが、航海に出るときは一人ではありません。

ポールさんは重度の聴覚障害のため音が聞こえないのですが、スキャッティーがポールさんの耳の代わりになり、航海をサポートしてくれるのです。

猫の感覚はとても鋭く、人間には聞くことのできないような音を聞き、その発生源を正確に特定できるため、いつもポールさんはスキャッティーに助けられているそうです。

船に乗る猫

「スキャッティーは私の耳が聞こえないことを理解しているようだ」とポールさんは言います。

ポールさんの船に誰かが近づいてきた時や携帯電話にメールが来た時に、スキャッティーはすぐに知らせてくれるそうです。

男性に抱っこされる猫

耳の聞こえないポールさんに何かを知らせたいときは、鳴いても伝わりません。そのことが分かっているスキャッティーは、ポールさんの注意を引きたい時はいつも膝の上に登ってくるそうです。

特別な訓練はしていないのですが、スキャッティーは自分自身で学習していったのです。

船の様子を見る猫

スキャッティーは少し特別な猫で、生まれながら大きな親指があります。ポールさんは「その指のおかげで揺れる船の上でも安定するため、キャッティーは船乗りに向いているかもしれない」と言います。

こちらを見る猫

スキャッティーは、いつもポールさんのそばにいます。例えば、ポールさんが船のデッキに出ると、同じようにスキャッティーもデッキに出てきます。そして、寝るときも同じベッドでいっしょに寝るのです。

たたずむ猫

ポールさんとスキャッティーはいつもいっしょです。

幸せそうな猫

好奇心旺盛なスキャッティーは、刻々と変化する海が大好き。ポールさんといっしょに、新しい風景に出会うことを楽しんでいるようです。

船と猫

こうして、いつの間にか耳の聞こえないポールさんを、しっかりとサポートするようになったスキャッティー。そのおかげでポールさんは海の上も怖くありません。まさに一心同体のふたりは、海の上でも陸の上でも最高のパートナーなのです♪

出典:instagram.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう