人生に、もふもふを。

谷底に捨てられていた犬。保護しに行くと、そこには驚きの光景が…!

0

これはとても愛情深いシーズー犬と子猫の物語です。

子猫をなめる犬
出典:newdogworld.com

谷底から犬の鳴き声が!

その日、アメリカのサウスカロライナ州の動物管理施設で働くミシェル・スミスさんの元に「崖の下で動けなくなった犬がいる」という電話が入りました。早速現地へ向かったスミスさんが急な崖を下っていくと、犬の鳴き声が聞こえてきたのです。

そして、崖の下の茂みの中でシーズー犬を発見したスミスさんは、そこで驚きの光景を目にしたのです。

崖
出典:facebook.com

捨てられた犬は子猫を守っていた…

なんとそこにいたのはシーズー犬だけではなく、まだ幼い子猫がいっしょにいたのです。さらに、驚くことに、お腹を空かせた子猫にシーズー犬がミルクを与えていたのです。

シーズー犬はスミスさんを見ると、子猫を守るように吠え続けました。スミスさんは興奮するシーズー犬に少しずつ近づき、何とか保護することに成功しました。

崖の下にいっしょにいた二匹は、保護施設へ向かう車の中でも離れることはありませんでした。

いっしょに運ばれる犬と子猫
出典:facebook.com

二匹の姿はまるで本物の親子のよう

保護施設に着いた後も、二匹は片時も離れようとしませんでした。一緒に食事をして、一緒に眠り、起きているときもお互いを確認するように見つめ合っていました。その姿は本当の親子のようです。

シーズー犬は保護施設に入った後も子猫に授乳していました。獣医さんは、幼い子猫を何とかして助けたいとの想いがシーズー犬に想像妊娠をさせ、ミルクが出るようになったと考えているそうです。

子猫を抱く犬
出典:dogster.com
子猫の世話をする犬
出典:newdogworld.com
犬に抱き着く子猫
出典:dogster.com

二匹はいっしょに里親さんの元へ

シーズー犬は『ゴールディ』、子猫は『ケイト』と名付けられ、一緒に引き取ってくれる里親さんを募集することになりました。その後、無事に二匹一緒に里親さんの元へと引き取られたそうです。

子猫といっしょの犬
出典:newdogworld.com

二匹がどうやって出会ったかは分かりません。きっと、愛情深いゴールディが森を彷徨っているうちに、空腹で動けなくなっているケイトを見つけたのでしょう。

ゴールディが助けてあげなかったら、ケイトは確実に死んでしまっていたことでしょう。血のつながりもなく、種族さえも違う二匹の間には本当の親子のような絆が存在しているよう思います。

また、崖の下の二匹を見つけてもらえなかったら、二匹とも死んでいたかもしれません。無事に保護され、新しい家族の元でいっしょに暮らせるようになって本当に良かったですね。

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう