人生に、もふもふを。

野生での生活が長く、人間の愛情を受け入れようとしなかった老猫。幼い子猫に出会った瞬間、驚きの変化が!

0

カナダのラングレーの街で活動する保護団体『TinyKittens』の施設で、老猫の『メイソン』が暮らしています。

野良猫のコロニーから保護されたメイソンは、末期の腎臓病を患っていました。そのため施設のスタッフ達はメイソンが最期を迎える瞬間まで、暖かい施設の中で世話をすることに決めたそうです。

老猫出典:facebook.com

保護直後のメイソンは健康状態が非常に悪く、とても野生的だったため人間を威嚇し続けました。しかし、スタッフ達は決してメイソンを諦めることはありませんでした。

そんなある日のこと、スタッフ達が保護した子猫達を施設に連れて帰ってきました。すると驚いたことに、メイソンが秘めていた愛情を解き放ち、子猫達を優しく看護し始めたのです。

それ以来、メイソンはたくさんの子猫達を育ててきました。そして先月のこと、メイソンが育てた最後の子猫が、里親さんの元へと旅立っていったのです。再びひとりになったメイソンは、明らかに元気を無くし、ソファーの上で丸くなることが多くなりました。

幸せな猫出典:facebook.com

寂しそうにしているメイソンを心配したスタッフ達は、地元にある他の保護施設に連絡して、メイソンのために子猫を引き取ろうとしましたが、子猫を見つけることができませんでした。そこでスタッフ達はどうしたら良いかを話し合い、良いアイデアを思いついたのです。

「私達は地元のSNSページに、保護子猫を探していることを掲載しました。私達はメイソンに多くの愛情と喜びを感じてもらいたかったため、保護子猫を探し求めました」とスタッフは言いました。

一緒の猫出典:facebook.com

その後、SNSページを通じて、施設にいくつかの保護子猫の情報が寄せられました。

「私達はみんなの協力のおかげで、メイソンに子猫達を紹介することができました。彼は再び子猫達と暮らせて、とても幸せを感じているようです。」

「彼は現在、複数の子猫を育てていて、再び表情に輝きが戻りました。彼はいつも子猫達を優しく毛づくろいして、猫としての生き方をコッソリと教えているようです。」

ギュッとする猫出典:facebook.com

「子猫達の方はメイソンにたっぷりと愛情を注がれながら、すくすくと成長しています。」

幸せな猫出典:facebook.com

メイソンは腎臓病を患っているため、スタッフ達はあまり無理をさせないように気をつけています。そのためメイソンに養育をお願いするのは、健康的な4週齢以上の子猫と決めているそうです。

「栄養失調やノミ、お腹の虫などは私達がすぐに治すことができるので問題ありません。今までメイソンに育てられた子猫達は、みんな愛情深い猫に成長しました。」

くつろぐ猫出典:facebook.com

メイソンは現在、とても気持ちが安定していて、いつもお気に入りのソファーで幸せそうに昼寝をしています。そんなメイソンに子猫達も安心していて、いつもメイソンに寄り添いながら、幸せな時間を過ごしているそうです♪

幸せな猫出典:facebook.com

こちらはメイソンと子猫達の様子です。(動画)

Grandpa Mason making kitten-biscuits

Grandpa Mason is spending a rainy afternoon making biscuits on assorted Muppet kittens, from the comfort of his tiny sofa. Just another day in the life of a “lost cause” feral cat… :D

Currently happening LIVE on our 24/7 rescue livestream at TinyKittens.com/live

Grandpa Mason and his kittensさんの投稿 2017年11月2日(木)

こうして子猫好きのメイソンは、優しいスタッフ達のおかげで、再び子猫達との幸せな生活を始めることができました。メイソンが後どれくらい生きられるかは分かりませんが、きっと最期を迎える瞬間まで、大好きな子猫達と一緒に幸せな毎日を送っていくことでしょう。

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう