人生に、もふもふを。

後ろ足が麻痺した状態で彷徨っていた子猫。保護先で温かく迎えてくれた先住犬に擦り寄りながら、たくさんの愛情を伝える

0

ある寒い日のこと、後ろ足を動かすことのできない子猫がお店の外で発見されました。子猫はすぐに地元の動物保護管理センターに運ばれて、そこで治療を受けました。

その後、子猫は無事に元気を取り戻し、獣医さんやスタッフ達に甘えるようになりました。「子猫の腰から下はまだ機能していませんが、驚くほどの回復力と強い意思をみんなに示しました」と保護施設『モジョズ・ホープ』の創設者のシャノン・バスナーさんが言いました。

モジョズ・ホープでは身体に障がいのある動物達を専門に預かっていて、今回保護された子猫もすぐに迎え入れました。

保護された子猫出典:MojosHope

『ブリッジャー』と名付けられた子猫は地元の動物病院に運ばれて、シャワーで全身を綺麗にすると、柔らかくて暖かいブランケットの中で快適に過ごし始めました。

「X線検査の結果、ブリッジャーの背骨には損傷などが無いことが分かりました。またレーザー治療を行うと、良好な反応が返ってきました。彼の後ろ足の麻痺は栄養不足か感染症が原因の可能性が高いそうです。」

後ろ足に障がいを抱えているブリッジャーですが、いつも元気いっぱいに過ごしていて、常にみんなの注目を集めたいと思っていました。そんなブリッジャーが動物病院からシャノンさんの家に帰ると、すぐにシャノンさんの首のところで丸くなって、喉をゴロゴロと鳴らしながら眠りに落ちていきました。

「ブリッジャーはその後も栄養価の高いご飯を食べ、定期的にレーザー治療を行い、徐々に力強くなっていきました。」

ブリッジャーはこの先もずっと後ろ足を動かせない可能性があり、トイレのために継続的な介助やサポートが必要になりますが、毎日を全力で楽しんでいて、愛情のある生活に大きな喜びを感じているそうです。

保護先で他の動物達に会ったブリッジャーは、みんなとすぐに仲良くなり、特に犬の『シンダー』に夢中になりました。

また、ブリッジャーは自分と同じように後ろ足が動かせない『ハーパー』とも親しくなって、動き回るための様々なコツを教わりました。

「ブリッジャーはいつも幸せそうにゴロゴロと喉を鳴らしていて、人間や子猫の友達、そして大好きなシンダーに抱っこされるのが大好きです。」

シンダーに一目惚れしたブリッジャーは常にシンダーの気を引こうとして、一日に何度も寄り添いながら身体を擦りつけているそうです。

「シンダーの方もブリッジャーの世話をするようになりました。シンダーはこれまでにも私達が迎えた動物達にたくさんの愛情を注ぎ、私達のことを何度も驚かせました。」

「シンダーはとても忍耐強く、愛情深く、ブリッジャーが必要としている時はいつまでもそばに寄り添っています。その様子はとっても愛らしく、いつも私達の心を溶かします。」

ブリッジャーはそんなシンダーに見守られながら心ゆくまで遊んで、家の中の探索を楽しんでいます。そして動き回って疲れると、エネルギーを充電するために深い眠りに落ちていくのです。

またブリッジャーは家で出会った猫達(ハーパー、ケイン、バギー)と一緒に、トンネルやボール、羽のオモチャなどで毎日楽しく遊んでいるそうです。

「ブリッジャーはあらゆる瞬間に喜びを見出し、猫達と一緒に楽しい時間を過ごしています。猫達はみんな障がいを抱えていますが、とっても素晴らしい視点を持っていて、毎日私達に多くのことを教えてくれています。」

「私達はこれから、ブリッジャーの身体のことを理解し、彼に必要なサポートを提供し、たくさんの愛情を注いでくれる家族を見つけようと考えています」とシャノンさんが話してくれました。

こうして後ろ足が麻痺した状態で保護されたブリッジャーは、シャノンさん達のおかげで新しい人生を歩み始めることができました。これからもブリッジャーは安全な家の中でたくさんの愛情を感じながら、幸せな未来に向かって歩み続けていくことでしょう。
出典:MojosHopelovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう