人生に、もふもふを。

ひとりで震えながら必死に歩いていたところを助け出された子猫。決して自分の命を諦めず、保護先で最高の出会いを果たす

0

ある日、灰色の子猫がガレージの中で発見されました。子猫を見つけた住人は母猫が戻ってくるのを待ちましたが、結局母猫が戻ってくることはありませんでした。子猫はとても小さく、衰弱していて、震えながら助けを求めて鳴いていました。

子猫の窮状を知った保護施設『コースタル・ベンド・レスキュー』のスタッフ達は、すぐに子猫を迎えに行きました。子猫の全身にはたくさんのノミがついていて、ひどく汚れていて、体重が非常に不足していました。

「子猫は本来の体重の半分しかありませんでした」と保護施設のスタッフのメアリー・ハッカビーさんが言いました。

メアリーさんと同じ保護施設でスタッフをしているドレラさんは、子猫を自宅に連れて帰って養育を始めました。子猫の生存確率は非常に低いものでしたが、ドレラさんは子猫に生きるためのチャンスを与えたいと強く思っていました。

「子猫は脱水症状に陥っていて、体調が非常に悪い状態でした。私は彼の体温をゆっくりと上げていき、1時間ごとに少しずつミルクを飲ませました」とドレラさんが言いました。

「子猫は生きたいという強い意志を持っていて、自分の運命と戦い続けていました。彼は必死に身体を動かしながら鳴いていました。」

子猫が生死の境から戻ってくるまでには2日間かかり、適切な体重を取り戻すまでにはさらに2週間が必要でした。

子猫はドレラさんのおかげで何とか食欲を取り戻し、たくさんのミルクを飲むことができるようになりました。子猫は小さな手で哺乳瓶を強く掴んで、一生懸命にミルクを飲みました。

「私は子猫に『サンドマン』と名付けました。私はしばらくの間ほとんど眠ることができませんでしたが、サンドマンが成長していく姿に大きな喜びを感じました。」

ドレラさんはサンドマンの寂しさを和らげるために、鼓動のするヌイグルミを寝床に置きました。するとサンドマンはすぐにヌイグルミのことが好きになって、ミルクの後はいつも抱きしめながら眠りにつくようになったそうです。

その後、サンドマンが寝床から出て部屋の中を探索できるようになると、サンドマンは新しい養育主さんの家に移動して、先住猫の『タロー』と出会いました。

元々保護猫だったタローは、両手を広げてサンドマンを迎え入れて、たくさんの愛情を注ぎ始めました。タローはサンドマンが何を必要としているのかを全て知っているようで、いつもサンドマンのそばで過ごすようになったそうです。

「サンドマンはすぐに優しいタローのことが好きになり、タローと一日中遊びながら猫のスキルを学んでいます」とメアリーさんが言いました。

保護された時は非常に小さかったサンドマンですが、いつもエネルギー全開のヤンチャな子猫へと成長しました。サンドマンはタローよりも随分と身体が小さいですが、いつも夢中になってタローとレスリングをしているそうです。

「どうやらサンドマンは自分がタローと同じくらいの大きさだと思っているようです。サンドマンは大きな個性を持っていて、いつも元気いっぱいに過ごしています。」

サンドマンはタローからの愛情を常に感じていて、毎日一緒にいられることに大きな喜びを感じているのです。

こうして独りぼっちになっていたところを保護されたサンドマンは、みんなのおかげで安全な家の中で新しい人生をスタートさせることができました。これからもサンドマンはタローや養育主さんの愛情を感じながら、すくすくと成長していくことでしょう。
出典:CoastalBendCatslovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう