人生に、もふもふを。

家族との出会いを求めている10歳の猫。保護施設に来た人の注目を集めるために、立ち上がりながら素早く手招きし続ける

0

今年の初め、ハチワレ猫の『バリ』が保護施設『コミュニティー・キャット・クラブ』に連れて来られました。バリはハグが大好きな10歳の猫で、いつも人間のそばにいたいと思っていました。

「バリの飼い主さんは高齢のため彼女の世話ができなくなってしまったため、彼女を私達の施設に連れて来ました」と保護施設の創設者のサラ・シャープさんが言いました。バリは最初からのんびりとした甘い猫で、注目を集めるために人間のところに向かっていくことを躊躇しませんでした。

その後、バリはすぐに養育主さんの家に落ち着いて、養育主さんや家族の愛情を吸収し始めました。

「バリは歯の治療をする必要がありました。治療を終えた彼女は常に唇が歯茎に引っかかっている状態になり、それが彼女の姿をさらに魅力的に見せています。」

バリが施設にやって来た当初は、バリが何ヶ月間も養育主さんの家に留まることになるとは誰も思っていませんでした。「私達はバリにできるだけ早く新しい家を見つけようと思っていましたが、なかなか里親さんを見つけることができませんでした。」

結局、バリが来てから半年が経ちましたが、バリが里親さんに出会うことはありませんでした。施設のスタッフ達はソーシャルメディアにバリのことを投稿したりして、里親さんを探し続けましたが、残念ながら誰もバリに興味を示しませんでした。

バリはずっと里親さんに会うことはありませんでしたが、頭の上に屋根があり、寄り添うことのできる養育主さんがいる環境にとても感謝していて、昼寝をするための快適な場所があることに喜びを感じていました。

またバリは養育主さんの家で他の猫や子猫、さらに犬とも友達になりました。「バリは魅力溢れる猫で、いつも落ち着いています。彼女は可愛い鳴き声を持っていて、毎日養育主さんのことを追いかけて、嬉しそうに撫でられています。」

施設のスタッフ達はバリに何とか里親さんを見つけようと、バリを施設に戻して、施設に来た人にバリの姿を見てもらうことに決めました。バリが施設に戻る時、バリはまるで新しい冒険に出ることを楽しむかのように、嬉しそうにキャリーの中へと飛び込んでいったそうです。

そして施設に着いたバリはしばらくケージの中を探索した後、すぐに施設に来た訪問者に気づき、注目してもらうためにあるアイデアを思いつきました。

バリは二本足で立ち上がって、みんなの気を引くためにケージの中で素早く手招きを始めたのです。どうやら人間のことが大好きなバリは、里親さんとの出会いが待ちきれないようでした。

スタッフ達がバリのところに足を運ぶたびに、バリは頭を擦りつけてきて、嬉しそうにゴロゴロと喉を鳴らし始めました。「バリは本当にフレンドリーな猫で、全ての人を愛しています。きっと彼女を迎える人は、毎日がたくさんの幸せで満たされることでしょう。」

さらにバリは温かい膝の上で眠ったり、柔らかい毛布をこねたりすると、一瞬のうちに世界で一番幸せな猫になります。バリはいつもスタッフ達や訪問者の注目を集めていて、里親さんに出会える日を今か今かと待っているのです。

10歳の猫出典:communitycatclub

きっとバリの愛らしい姿を見た全ての人が、バリの前で足を止めることでしょう。そして、魅力溢れるバリを放っておくことができなくて、家族に迎えたいという人が必ず現れることでしょう(*´ω`*)
出典:communitycatclublovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう