人生に、もふもふを。

「助けて!すごく足が痛いの」と前足を引きずりながら近づいてきた子猫。保護から10日後の幸せそうな姿にホッとする

0

ある日、ロシアに住むロビンさんが家の近くで野良猫達の世話をしていると、右の前足を曲げたまま歩く子猫の姿を発見しました。心配になったロビンさんが子猫の方へと向かっていくと、子猫が鳴きながらロビンさんの方へと近づいてきました。その姿はまるでロビンさんに助けを求めているようでした。

助けを求める猫出典:Robin Seplut

ロビンさんは野良猫達の世話をしている時に、何度かその子猫を見かけたことがありました。ロビンさんはすぐに子猫を保護すると、動物病院へと連れて行きました。

近づいてくる子猫出典:Robin Seplut

獣医さんにレントゲンを撮ってもらうと、子猫は膝蓋骨を骨折していることが分かりました。子猫は患部に注射を打ってもらい、ロビンさんのところへと戻ってきました。その後、ロビンさんは次回の受診日を予約して、子猫と一緒に帰宅しました。

家に着いたロビンさんは、さっそく子猫をお風呂に入れて全身のノミを洗い流しました。

包まる子猫出典:Robin Seplut

そして、子猫に美味しいご飯を食べさせてあげました。こちらは家に着いて初めての食事の様子です。

アクビする子猫出典:Robin Seplut

子猫は今までに何度かロビンさんに会っていたため、保護された時からロビンさんのことを受け入れていました。そのため保護された日の夜にはもう、ロビンさんが用意してくれた暖かいベッドで幸せそうに過ごしていました。

子猫が近づいてきた時の様子はこちら。

それから10日。
何度かの通院で子猫の足は随分と良くなりました。

見上げる子猫出典:Robin Seplut

すっかり元気を取り戻した子猫は、ロビンさんにもらった猿のオモチャで、いつも楽しそうに遊んでいるそうです♪

元気に遊ぶ子猫出典:Robin Seplut

こうして助けを求めてきた子猫は怪我の治療をしてもらい、安全な場所で暮らし始めることができました。これからは家の中を元気に駆け回って、可愛い姿をたくさん見せてくれることでしょう♪

この猫の記事を友達にシェアしよう