人生に、もふもふを。

保護先で出会って、最高の友達になった子猫達。出会う人全てにハグをして、家中をたくさんの幸せで満たし続ける♡

0

ある日、野外で茶トラの子猫が発見されて、地元の保護施設へと運ばれてきました。子猫は頭がひどく傾いていて、一緒に過ごすことのできる友達を必要としました。

ちょうどその頃、ひとりで野外を彷徨い歩いていた三毛の子猫が保護されて、保護施設へと運ばれてきました。スタッフ達は三毛の子猫にピッタリの友達がいることを知っていました。

その後、スタッフ達は茶トラの子猫の『シナモン』と、三毛の子猫の『カルダモン』を会わせてみました。するとふたりはすぐに意気投合して、まるで今までずっと一緒にいたかのように、お互いのことを抱きしめ始めたのです。

その後、シナモンはストレッチやマッサージ、そして大好きな友達と一緒に動き回ることで、傾いていた頭が徐々に改善していきました。シナモンは毎日少しずつ背が高くなり、真っ直ぐに歩くことができるようになり、頭の傾きが目立たなくなっていきました。

さらに子猫達を社会化し、シナモンの身体を回復させるために、スタッフ達は別の保護施設『セービング・グレイス・レスキュー』に助けを求めました。

「シナモンには身体を癒すための時間が必要でした」と保護施設の創設者のアンバー・ローズさんが言いました。

その後、子猫達が養育主のジョイスさんの家に落ち着くと、早速ゴロゴロと大きな音で喉を鳴らし始めて、ジョイスさんや家族の方へと近づいて行きました。そして嬉しそうに家族の身体の上に登って、まったりとくつろぎ始めたのです。

子猫達は家族がソファーに座るたびに膝の上に乗ってきて、ハグをしながら眠りに落ちていくそうです。

「私達が子猫達を抱きかかえると、子猫達はいつも嬉しそうに喉を鳴らし始めます。また子猫達は毎朝決まって私達のベッドに登ってきて、身体の上で幸せそうに喉を鳴らし始めます」とジョイスさんが言いました。

とっても人間好きで甘えん坊の子猫達は、いつも家族全員に愛らしい姿でハグを要求してくるそうです。

また身の回りのことに興味津々のシナモンは、ジョイスさんが電話をしている最中に、肩越しにジョイスさんのことを観察するのが好きです。一方のカルダモンは家族に抱っこされながら、家の中を一緒に移動するのがお気に入りなのだそうです。

子猫達は人間のベッドで寝るのが好きで、いつも家族の枕元までやって来て、寄り添いながら眠りに落ちていくそうです。

そして養育が始まってから数週間後、子猫達はついに里子に出る準備を整えました。「子猫達は非常に強く結びついていて、お互いに切り離すことのできない存在です。子猫達はこれから一緒に同じ家へと旅立って行き、いつまでも幸せな時間を過ごしていくことでしょう」とアンバーさんが話してくれました。

こうして別々の場所で保護されたシナモンとカルダモンは、保護先で完全なペアになって新しい人生を歩み始めました。子猫達は生涯の家が見つかるまでの間、ジョイスさんや家族にハグをしたり、喉を鳴らしたりしながら、家の中にたくさんの幸せを運び続けているそうです。

これからもシナモンとカルダモンはお互いに愛情を注ぎ合いながら、幸せいっぱいの楽しい日々を過ごしていくことでしょう(*´ω`*)
出典:savinggracerescuelovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう