人生に、もふもふを。

瀕死の状態で保護され、朝を迎えられるか分からなかった子猫。優しい女性に一晩中抱きしめられ、ついに元気を取り戻す

0

ある日、4週齢の子猫『クインシー』が路上から保護され、フィラデルフィアの保護施設へと連れて来られました。クインシーはとても痩せ細っていて、誰かの助けを必要としていました。

見つめる子猫出典:ixluvxcats (lovemeow)

その後、保護施設『NARPSキャッツ』がクインシーを引き取り、看護を始めました。しかし、クインシーは重度の脱水症状に陥っていて、危険な状態が続いていたのです。

クインシーを預かった養育ボランティアのシャウナさんは、すぐに流動食を食べさせましたが、クインシーに回復の兆しは見られませんでした。クインシーは横になったままほとんど動かず、苦しそうに荒い呼吸を続けていたのです。

「その姿を見て、私はとても悲しい気持ちになりました。そして、クインシーが朝までもたないかもしれないと思いました。私は彼の身体を一晩中抱きしめていましたが、彼はほとんど動きませんでした」とシャウナさんは言いました。

寝る子猫出典:ixluvxcats

シャウナさんはクインシーの口に少しずつ流動食を流し込み、出来る限り快適に過ごせるように心掛けました。シャウナさんはクインシーの命を決して諦めず、一睡もせずに抱きしめ続けたのです。

翌朝、クインシーはまだ息をしていました。「私はクインシーのために何か他にできることはないかと考え、彼と一緒に救急動物病院へと向かいました。」

抱っこされる子猫出典:ixluvxcats

獣医さんに診察されたクインシーは、点滴による栄養補給が行われました。その後、シャウナさんは病院から処方された薬を持って、再び自宅へと帰ったそうです。そして、それから6時間後にクインシーは初めて身体を起こしました。

「私はシリンジを使って、クインシーにご飯を食べさせました。彼は少しずつご飯を飲み込んでいました。そして6時間が経った時、彼は自分の力で身体を起こし、ボウルからご飯を食べ始めました。」

ハグされる子猫出典:ixluvxcats

クインシーがご飯を食べ終わった時、シャウナさんはクインシーを抱きしめました。

見つめる子猫出典:ixluvxcats

その後もシャウナさんはほとんど眠らずに、クインシーの看護を続けました。すると5日目を迎える頃には、クインシーの身体にエネルギーが溢れてきたのです。クインシーはひとりで水を飲めるようになり、喉を鳴らし、オモチャで遊べるようになりました。

「クインシーが元気を取り戻していく姿は、本当に奇跡を見ているようでした。」

座る子猫出典:ixluvxcats

2週間でクインシーは体重を200gほど増やし、エネルギーが数倍になりました。クインシーは危険な時期を何とか乗り越え、シャウナさんに抱っこを要求するまでに回復したのです。

「私がクインシーに近づいていくと、彼は喉を鳴らし始めます。そして私が名前を呼ぶと、彼は背中でゴロゴロと転がりながら、さらに大きな音で喉を鳴らし始めます。」

まったりする子猫出典:ixluvxcats

「クインシーはとってもお茶目な元気いっぱいのフワフワのボールになりました。彼はいつもクタクタになるまで遊び、遊び疲れると私に寄り添いながら眠り始めます。」

そして、保護から1ヶ月が経ちました。

座る子猫出典:ixluvxcats

クインシーが里子に出られるようになった時、すぐに優しい夫婦がクインシーに恋をしました。クインシーはそのまま夫婦の家に迎えられて、新しい生活を始めたそうです。

眠そうな子猫出典:ixluvxcats

とっても甘えん坊のクインシーは、引っ越したその日のうちに、新しい家族を抱きしめ始めました。それ以来、クインシーは毎晩家族に抱きつきながら、大きな音で喉を鳴らし、幸せそうに眠りについているそうです(*´ω`*)
出典:ixluvxcatslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう