人生に、もふもふを。

救助されるまで、お互いのことを守り続けた子猫の兄妹。安全な家の中で見せた、幸せいっぱいの姿に心が温まる

0

ある日、母親のいない子猫の兄妹が野外で発見されました。子猫達は救助されるまでの間、お互いのことを守り続けていました。

子猫達の話を聞いた保護団体『ボトル・ベイビー・フォスターズ』のメリンダ・ブレインさんは、すぐに子猫達の保護へと向かいました。現場に着いたメリンダさんは母猫を探しましたが、結局見つけることはできませんでした。メリンダさんは子猫達を自宅へと連れて帰り、すぐに養育を始めました。

「茶トラの兄の体重は120gで、三毛の妹は僅か85gしかありませんでした。彼女は生後5日でしたが、生まれたばかりの子猫くらいの体重しかありませんでした」とメリンダさんが言いました。

保護されるまでの間、お母さんがいない状態で生き残ったのはまさに奇跡でした。子猫達は常に一緒にいて、少しでも離れるとお互いに鳴き始めるそうです。

子猫達はそれぞれ『ブッダ』(兄)と『ボンサイ』(妹)と名づけられました。子猫達の足には擦り傷があり、感染症の予防のために抗生物質で治療が行われました。「少し元気を取り戻した子猫達は、喉を鳴らすようになりました。子猫達は自分達が愛されていることを知っているようでした。」

最初のご飯の後、子猫達はお互いに擦り寄りながら、幸せそうに喉を鳴らし始めました。そして体力を回復させるかのように、長い眠りについたのです。

それから丸一日でボンサイの体重は15g増えました。ボンサイの足の傷はブッダより重傷でしたが、いつもお兄さんと一緒にいられて、とても気持ちが安定していました。ボンサイはしばらく怪我と戦っていましたが、治療中でも愛らしく転がりながら、喉を鳴らし続けていたそうです。

「ボンサイは食欲旺盛で強い精神力の持ち主です。彼女はすぐに回復して、体重を徐々に増やしていきました。」

生後10日で子猫達の目は完全に開きました。子猫達は毎日ご飯をいっぱい食べて、お腹をプックリと膨らませているそうです。

「子猫達が目を覚ますと、いつもお互いのことを抱きしめます。そして、可愛い声でお話ししながら擦り寄ります。」

子猫達は一緒に冒険を始めて、同時にトイレの使い方を覚えました。

そして子猫達はミルクを卒業して、固形食を食べ始めました。

子猫達は常にお互いに愛情を注ぎ合っていて、ベッドの中はいつも幸せそうな喉の音で満たされているそうです。

「ボンサイは小さな探検家で登山が好きで、ブッダを抱きしめながら遊ぶのが大好きです。」

子猫達はまるでサヤエンドウのように、決してお互いの前からいなくなることはありません。そんな子猫達の姿をずっと見てきたメリンダさんは、子猫達が十分に成長したら、一緒の家に行かせることに決めているそうです。

「遊び疲れた子猫達は、いつも私の膝の上で眠りにつきます。私は寄り添っている子猫達の姿を見ながら、毎日幸せな気持ちに包まれています」とメリンダさんが幸せそうに話してくれました。

こちらは歩く練習を始めた子猫達の様子です。

こうしてお互いを守り続けていたブッダとボンサイは、保護された家で無事に元気を取り戻すことができました。これからも子猫達はお互いに愛情を注ぎ合いながら、安全な家の中で幸せな毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:bottlebabyfosterslovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう