人生に、もふもふを。

お互いに助け合いながら路上で一緒に生きてきた子猫達。救い出された後も、お互いに片時も離れず寄り添い続ける

0

ある日、カナダのモントリオールに住む家族が、母親のいない2匹の子猫を見つけました。子猫達は3週齢ほどで、常にお互いのことを気に掛けながら、食べ物を探し回っていました。迷子の子猫達には安全な家と養育主さんの助けが必要でした。

その後、子猫達は地元で保護活動を行なっているステファニーさんに保護されて、保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』へと運ばれてきました。施設で子猫達を受け取ったスタッフは、必要な治療を受けさせるために子猫達を動物病院へと連れて行きました。

子猫達は動物病院でタオルに一緒に包まれると、すぐに落ち着きを取り戻しました。

それぞれ『カリエ(サバトラの女の子)』『グスト(茶トラの男の子)』と名づけられ子猫達はとても仲が良く、お互いが一緒にいる時に最も幸せを感じていました。カリエはとても活発な性格で、グストはいつもその後をついて回っていました。

その後、養育主さんの家で過ごし始めた子猫達は、すぐに新しい環境に落ち着きました。ふたりはさっそく家の中を駆け回り、一緒に遊び始めました。

子猫達は容器からご飯を食べる方法を学び、室内での生活に順応しました。お互いに好奇心が旺盛な子猫達はイタズラのパートナーで、いつも家の中で可愛いトラブルを引き起こしているそうです。

「ふたりは甘くて、とっても親しみやすい性格です。ふたりは何をする時も一緒ですが、それぞれに違う個性を持っています」と施設のスタッフが言いました。

カリエは勇敢でおしゃべり好きですが、グストの方は控えめで大人しい性格です。しかし、子猫達はどちらも人間のことが大好きで、部屋中を駆け回った後は、いつも養育主さんのそばで一緒に眠りにつくそうです♪

こうしてお互いに助け合いながら路上を彷徨っていた子猫達は、優しい人達のおかげで安心できる家に辿り着くことができました。子猫達は美味しいご飯と暖かい部屋に心から満足していて、幸せいっぱいの毎日を送っているのです(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう