人生に、もふもふを。

兄弟と一緒に生後2日で保護された子猫。閉じられていた目を開き、兄弟と共に幸せな未来に向かって歩み始める!

0

ある日、養育活動を行なっているキャロライン・グレイスさんが、緊急の救助が必要な3匹の子猫達を引き取るために、保護施設へと向かいました。その施設には幼い子猫をケアできる人がおらず、夜間スタッフもいませんでした。

「スタッフは私に施設が閉まるまでに来て欲しいと連絡してきました。私はすぐに子猫達の元へと向かいました」とキャロラインさんが言いました。

子猫達のうち2匹が三毛猫で、残りの1匹が白黒猫でした。子猫達は生後2日で、とてもお腹を空かせていて、全身が汚れとノミで覆われていました。

幼い子猫達出典:thebabykittenrescue

「子猫達がお母さんに世話をされていないのは明らかでした」とキャロラインさんが言いました。

子猫達はすぐに獣医さんによる感染症の治療と、キャロラインさんの24時間体制のケアを受けました。すると丸一日が経つ頃には快方へと向かい始め、食欲が急上昇し始めました。

子猫達の中に『アンナ』と名づけられた黒い鼻の子猫がいました。アンナは一番小さな身体をしていましたが、一番大きな声を持っていました。そのためご飯の時間が近づいてくると、毎回一番大きな声でお腹が空いたことを主張してきました。

アンナは生後4〜5日で喉を鳴らし始め、ノンストップで喉を鳴らすようになりました。

アンナは一番目が開くのが遅く、他の兄弟の目が開いても、まだ世界を見ることができませんでした。「アンナは14日齢まで目が開きませんでした。」

アンナは成長に少し時間がかかりましたが、目が開くと一気に好奇心を爆発させました。そして一番成長が遅かったアンナが、最も勇敢な子猫だということが判明したのです。

「アンナは子猫達の中で一番ヤンチャな性格です。彼女は養育部屋のドアが開いたことが分かると、すぐに保育器の手前に来て、私にたくさんの話しかけてきました。」

「アンナは毎回勢いよく哺乳瓶からミルクを飲むと、すぐにゴロゴロと喉を鳴らし始めました。さらに私に寄り添って、柔らかいタオルを幸せそうにフミフミし始めました。」

生後3週半を迎えると、子猫達は保育器を卒業して、遊んだり探索したりするのに十分なスペースへと移動しました。

「『スヴェン』と名づけられた白黒の子猫は、ミルクに浸したような白いアゴを持っています。『エルザ』と名づけられた三毛猫は、3匹の中で一番大人しい性格で、みんなの心を溶かす柔らかい鳴き声を持っています。」

エルザはいつもアンナのそばにいて、アンナにピッタリとくっついたり、毛づくろいをしたりしています。ふたりは本当に仲良しで、いつも一緒に楽しい時間を過ごしているそうです。

「子猫達はみんな確実に成長を続けていて、とっても健康で、大きなお腹をしていて、いつも幸せそうに甘えてきます。彼らの世話は非常に楽しく、私は彼らと一緒に過ごす時間が大好きです」とキャロラインさんが嬉しそうに話してくれました。

こうして生後2日で保護された子猫達は、優しいキャロラインさんのおかげで幸せな毎日を送れるようになりました。これからも子猫達は安全な家の中でたくさんの愛情を感じながら、すくすくと成長していくことでしょう(*´ω`*)
出典:thebabykittenrescuelovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう