人生に、もふもふを。

優しい夫婦に目の病気を治してもらった子猫。その愛らしい姿と特徴的なヒゲで、生涯の家族にたくさんの幸せを届け続ける

0

ある日、ラスベガスの街で母猫に置き去りにされていた生後1週間の2匹の子猫が見つかりました。その後、地元の保護施設に運ばれた子猫達は、養育主さんによる世話を必要としていました。そんな子猫達の窮状を知った養育ボランティアのパトリシア・リカさんが、すぐに子猫達を預かることを申し出ました。

それから数日後、パトリシアさんは子猫達が眼感染症を患っていることに気づきました。パトリシアさんはすぐに子猫達を動物病院へと連れて行き、処方された目薬や抗生物質で治療を続けました。

『レイア(ハチワレ)』と『グログ』と名づけられた子猫達は、快適で暖かい寝床でお互いのことを励まし合っていました。

しかし、レイアはあまり治療の効果がなく、右目の痛みに苦しんでいました。「私達はレイアの目をとても心配していました。もしかすると彼女の目は損傷し過ぎてしまったのではないかと感じました」とパトリシアさんが言いました。

パトリシアさんはレイアの目を救うために何でもする決心をしていました。「私はもう一度獣医さんのところに相談しに行き、より強力な目薬を手に入れました。そして、その目薬がレイアの目にとても良い効果をもたらしました。」

レイアの治療にはパトリシアさんの夫のダッドさんも協力してくれました。夫婦はレイアの目を元に戻すために、お互いに協力し合いながら昼夜問わず治療を続けました。

適切なケアとたくさんの愛情でレイアは大きく前進しました。レイアの目は再び美しい輝きを取り戻し、食欲も戻ってきました。

レイアは成長するにつれて、どんどんヒゲが長くなっていきました。またそれに伴って眉毛も伸びて、愛らしい姿をたくさん見せてくれました。

「私の夫は小さなお姫様のことが大好きです。きっと夫はあの魔法のヒゲに夢中になっているのだと思います。」

その後、レイアは人間の足が登れることに気づき、何かお願い事がある時は、全力で足を登っておねだりしてくるようになりました。

「今の子猫達はとても自分に自信を持っています。彼らがハグを必要としている時は、真っ直ぐに私の身体を登ってきます。」

パトリシアさんの家で2ヶ月間過ごした子猫達は、新しい人生を歩み始める準備を整えました。

「子猫達は辛い時期を乗り越えて、幸せそうな姿をたくさん見せてくれるようになりました。私達は彼らの人生を手助けできたことをとても嬉しく思っています。」

そして昨日、子猫達は新しい家へと引っ越しました。子猫達が初めて生涯の家族に会った時、子猫達は一瞬で家族のことが好きになり、腕の中で幸せいっぱいにとろけたそうです。

「子猫達は新しい家族にとても愛されています。私は彼らの幸せそうな姿を見て胸が熱くなりました」とパトリシアさんが嬉しそうに話してくれました。

こうしてレイアとグログは優しい夫婦のおかげで新しい人生を歩み始めることができました。子猫達はこれからもたくさんの愛情を感じながら、幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:fosterkittensvegaslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう