人生に、もふもふを。

独りぼっちで保護された子猫。魅力的な個性で新しい家族と先住猫達をとりこにして、幸せいっぱいの毎日を送り始める♪

0

今年の初め、保護施設『ミニ・キャット・タウン』に、養育主さんの世話を必要としている幼い子猫が運ばれてきました。子猫はスタッフ達に『コーダ』と名づけられ、スタッフの一人のローラ・マローンさんの家で養育されることになりました。

「コーダは保護してもらえたことが嬉しくて、いつも幸せそうに過ごしています。彼は最初から抱きしめられることが好きでした」とローラさんが言いました。

コーダは人間のことが大好きで、いつもローラさんの注目を引こうとしてきて、一緒に遊んで、寄り添いながら眠りにつきました。コーダの小さな身体の中には、愛らしい個性と好奇心がいっぱい詰まっていました。

コーダはすぐに人間の膝の上が好きになり、赤ちゃんのように抱っこされると、大きな音で喉をゴロゴロと鳴らすようになりました。またコーダは毛布などの柔らかいものを見つけると、幸せそうにこね始めました。

「コーダはいつも私に会えることを楽しみにしています。彼のお気に入りの場所は私の膝の上です。」

コーダは周りの人達がやっていることの全てに参加したがり、誰もそれを拒否することができませんでした。コーダは成長と共にさらに好奇心が旺盛になり、部屋中を駆け回って、他の保護子猫達とレスリングをするようになりました。

そしてコーダが里子に出る準備を整えると、すぐに素晴らしい家族がコーダを見つけ、一瞬で恋に落ちました。コーダはローラさんの元で2ヶ月間過ごした後、生涯の家へと旅立って行ったのです。

コーダはすぐに新しい環境に落ち着き、新しい猫のお姉さん『フレイヤ(キジ白猫)』とお兄さん『ガス(茶トラ猫)』に会いました。

「フレイヤは早速コーダに興味を持ちました。コーダが家に来た後、コーダの部屋をすぐに確認しに来たのがフレイヤでした。そしてコーダの部屋が開放されると、ふたりはすぐに挨拶をして仲良くなりました」とコーダの里親になったアレクシスさんが言いました。

「フレイヤはとてもエネルギッシュで、いつもコーダと一緒に遊びたそうにしています。」

「一方のガスはとても慎重でした。ガスはコーダを見た瞬間に唸り声を上げたため、私達は数日間ガスを別の場所で過ごさせることにしました。そして再びふたりを会わせてみると、今度は無事にガスがコーダのことを受け入れました。それ以来、ガスはコーダに優しく接し、たとえ顔をもみくちゃにされても、身体の上に乗られても、怒ったりすることはありません。」

コーダは現在、安全な家の中で生涯の家族と一緒に何不自由ない生活を送っています。甘えん坊なコーダがハグを必要としている時は、すぐにガスやフレイヤが駆け寄ってきて、いつまでも抱きしめてあげているそうです。

そんな優しい家族のおかげで、コーダは幸せいっぱいのフワフワの子猫へと成長することができたのです。

コーダはこれからも大好きな家族と一緒に幸せな毎日を送っていきます。コーダは今の生活に満足していて、たくさんの愛情を大切な家族に返し続けているのです(*´ω`*)
出典:fosterkittyfamilylovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう