人生に、もふもふを。

草原をひとりで走っている子猫の姿を発見! 車を降りると一直線に駆け寄ってきて、「一緒に連れてって」と要求してきた

0

ある日、カリアンナさんと夫が車で移動していると、草原をひとりで走っている子猫の姿を発見しました。「私達が車を止めて、車を降りると、すぐに子猫が駆け寄ってきました」とカリアンナさんが言いました。

迷子になっていた子猫は全ての足を可能な限り速く動かして、夫婦のところへと向かってきました。そして子猫は夫婦の足を追いかけ始めて、夫婦のそばから離れなくなったのです。

子猫は全身が汚れていて、非常に痩せ細っていました。夫婦は近くに子猫の母親や兄弟がいるかもしれないと思い探し回りましたが、結局見つけることはできませんでした。そこで夫婦は子猫を救い上げると、車の中へと連れて行きました。子猫はまるで自分が助けてもらえたことを知っているかのように、カリアンナさんの腕の中で丸くなったそうです。

夫婦は子猫の全身を綺麗にして、『フィルダ』と名づけました。「フィルダは最初から人間慣れしていて、隠れたり怖がったりすることはありませんでした。私達は翌日、彼女を動物病院へと連れて行きました。」

フィルダは生後6週ほどで、ノミと耳ダニに覆われていて、軽い白癬(はくせん。カビによる感染症)の症状がありました。

白癬を治すには数週間かかりましたが、フィルダは居心地の良いベッドとたくさんの愛情で、とても幸せそうに過ごしていました。

夫婦の家にはフィルダよりも1歳半年上の『レオン』という名前の猫が暮らしていましたが、夫婦はフィルダの病気が完治するまでの間、ふたりを別々の部屋で過ごさせました。

「ふたりが初めて出会った時、フィルダはすぐにレオンのところに向かいました。でもレオンはフィルダに近づこうとしませんでした。」

なかなか一緒に遊んでくれないレオンに対して、フィルダは何度もアタックをして、自分の存在をアピールし続けました。フィルダは絶対にレオンと仲良くなることを心に決めていて、決して「ノー」とは言わせませんでした。

そして数週間が経った頃、ついにレオンはフィルダのことを受け入れて、一緒の時間を過ごすようになりました。ふたりはその後もさらに絆を深めて、最終的には全てのことを一緒に行うようになったのです。

フィルダは家のいたるところでレオンの後を追って、レオンはフィルダに猫としての生き方を教えました。

「それから1年が経ちましたが、相変わらずフィルダとレオンは親友です。ふたりはいつもレスリングをしたり、お互いのことをグルーミングしたり、キャットタワーで寄り添い合ったりしています。」

フィルダは家族全員を愛していて、もう再び独りぼっちにならないことを心に決めていました。

フィルダは子猫の頃から抱きしめられるのが大好きで、いつも腕の中に入ると幸せそうな姿を見せてくれました。「フィルダは毎晩私達のベッドで寝て、朝になるとナデナデを要求してきます。彼女は私達と遊んでいる時はとても慎重で、今までに一度も爪で引っ掻かれたことはありません。」

こうして1年前は草原を彷徨い歩いていたフィルダは、甘えん坊な大人の猫へと成長しました。フィルダは今も好奇心が旺盛で、誰ともハグをしていない時は、家のいたるところで様々なイタズラをしているそうです♪

「フィルダはいつも元気で、エネルギーに溢れています。彼女は窓の外の鳥を眺めて、お気に入りのオモチャで遊んで、ご飯をモリモリと食べています。」

「フィルダはとても素晴らしい猫です。私達は彼女と出会えたことに心から感謝しています」とカリアンナさんが嬉しそうに話してくれました。

これからもフィルダは優しい家族にたくさん甘えながら、毎日の生活を存分に楽しんでいくことでしょう(*´ω`*)
出典:fielda.thefieldcatlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう