人生に、もふもふを。

唯一の我が子との再会を果たして以来、決してそばを離れることのない母猫。大切な我が子の成長に全ての愛情を注ぎ続ける

0

ある寒い日のこと、困難な状況から救い出された妊娠中の猫が、保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』に運ばれてきました。

猫は優しい人達によってギリギリのところで助け出され、寒さの中で出産や子育てをする必要がなくなりました。保護施設のスタッフ達は運ばれてきた猫に『ジゼル』と名づけました。ジゼルは約1歳と若く、保護の2日後に子猫を出産しました。

最初にお腹から出てきた『ブルーノ』は、すぐにジゼルお母さんにピッタリとくっつきました。しかし、それからしばらくするとジゼルの体調が悪化し、食事をすることも、子育てをすることもできなくなってしまったのです。

ジゼルは動物病院に運ばれて、重度の感染症を患っていることが分かりました。すぐに獣医さん達が緊急手術を行いましたが、命をつなぐことができたのはブルーノだけでした。

「ジゼルは手術が終わると徐々に気分が良くなっていき、再びご飯を食べられるようになりました」と保護施設のセリーヌ・クロムさんが言いました。

そしてジゼルが退院の準備を整えると、再び養育主さんの家に戻り、愛するブルーノとの再会を果たしました。ジゼルは薬を飲んでいたためブルーノにミルクを与えることができませんでしたが、大切なブルーノの世話を止めることはありませんでした。

「ジゼルとブルーノは再会した瞬間にお互いのことを認識しました。ジゼルは早速ブルーノの毛づくろいを始め、その日以来ずっとふたりは一緒にいるようになりました。」

養育主のステフさんはブルーノに24時間体制でミルクを飲ませ、食後の世話をジゼルにバトンタッチしました。ジゼルはすぐにブルーノの全身の手入れを始めて、一緒に眠りにつくまで抱きしめ続けました。

ジゼルは愛情深いお母さんで、いつもブルーノの近くで過ごしています。ジゼルは常にブルーノの行動に目を光らせていて、ブルーノがトラブルに巻き込まれないようにしっかりと見守っているのです。

そんな優しいお母さんをいつもブルーノは観察していて、色々なことをマネしながら猫のスキルを磨いているそうです。

その後、すくすくと成長を続けたブルーノは随分と身体が大きくなりましたが、今もお母さんにギュッと抱きしめられながら、ちょっと強引に毛づくろいされているそうです。

「好奇心旺盛なブルーノは新しい場所を探索するのが好きで、何か欲しいものがあると大きな声で話しかけてきます。またジゼルもとっても冒険好きで、いつもふたりで楽しそうに歩き回っています」とセリーヌさんが話してくれました。

現在、生後3ヶ月のブルーノはお母さんと一緒に生涯の家に旅立つ準備を整えました。きっと愛情深い親子の元には素敵な家族が現れて、いつまでも幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう