人生に、もふもふを。

優しい人達の力を借りて、唯一の我が子に全ての愛情を注ぎ続ける母猫。強い絆で結ばれた親子の幸せそうな姿に心が温まる

0

今年の初め、3歳の猫が保健所へと運ばれてきました。猫は妊娠していて、誰かの助けを必要としていました。保健所のスタッフは地元の保護施設『リトル・ワンダラーズ・NYC』に連絡をして、妊娠中の猫を助けることができるかを尋ねました。

その後、保護施設のスタッフ達がすぐに行動を起こし、猫を迎えに行きました。「彼女は出産を控えていて、保健所の環境にストレスを感じていました」と施設のスタッフが言いました。

その日の夜、『ペネロペ』と名づけられた猫は、養育ボランティアのメアリーさんの家に到着しました。ペネロペは部屋の中を隅々まで確認した後、愛情を求めてメアリーさんのところへと近づいて行きました。

こうして室内生活を始めたペネロペは、すぐにハグ好きの猫になりました。ペネロペは安全で静かな環境の中で、メアリーさんに寄り添うことができてとても幸せを感じていました。ペネロペはすぐに喉のスイッチをオンにして、いつまでも喉を鳴らし続けていたそうです。

保護から数週間後、ペネロペは2匹の子猫を出産しました。しかし、悲しいことに2匹のうちの1匹はすぐに息を引き取りました。ペネロペは生き残った『アップル』に全ての愛情を注ぎ始めました。

メアリーさんは猫の親子が安心して暮らせるように、周りのことを心配する必要のない、静かで快適な環境を作りました。

メアリーさんはペネロペの手の届くところに豊富な食べ物を用意して、こねるための柔らかい毛布もたくさん準備しました。ペネロペはそんな最高の環境の中で、大切な赤ちゃんに最善のケアを続けました。

ペネロペは一日の全ての時間を唯一の赤ちゃんの世話に費やしたため、食事を忘れることもよくありました。そんな時はメアリーさんがご飯の入った容器をペネロペの前まで持っていってあげたそうです。

さらに数週間でアップルは飛躍的に成長し、遊び方や走る方法などを理解すると、愛らしい個性が現れ始めました。アップルはベッドから飛び出して周辺の探索を始め、ペネロペはその様子を近くで見守り続けました。そしてアップルが戻ってくると、すぐに愛情いっぱいに毛づくろいを始めました。

ペネロペはアップルのことを溺愛していて、常に全ての力を子育てに注ぎました。一方のアップルはお母さんにしてもらったのと同じように、お母さんのことをギュッと抱きしめて、たくさんの愛情を返していました。

アップルはお母さんの腕の中で寝ることが何よりも好きで、お母さんの温もりに大きな愛情を感じているのです。

ペネロペのおかげですくすくと成長を続けたアップルは、より好奇心が旺盛な活発な子猫になり、部屋の至るところで可愛いイタズラをするようになりました。そんなアップルのことを常にペネロペが見守り、アップルがトラブルに巻き込まれないように気を配っていました。

またペネロペは時々アップルにもみくちゃにされることもありましたが、決して怒ったりすることはありませんでした。ペネロペはいつもアップルの成長を助け、アップルが猫として生きていくための方法を教えたのです。

「ペネロペとアップルは一緒に里親さんの家に行く準備を整えました。ふたりは誰にも壊すことのできない強い絆で結ばれています」と施設のスタッフが話してくれました。

ペネロペは常にアップルの成長を誇りに思っていて、アップルの元気な姿に喜びを感じています。ペネロペはアップルを抱きしめながら寝るのが好きで、いつも自分のそばにアップルがいることに最高の幸せを感じているのです。
出典:littlewanderersnyclovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう