人生に、もふもふを。

不機嫌そうな顔のため、みんなに誤解されていた猫さん。何ヶ月も里親さんを待ち続け、ついに最高の家族を見つける!

0

ドイツに住むフランシスカさんが新しい家に引っ越した後、家に迎える猫を探し始めました。そして地元の保護施設にいた1匹の猫に目が釘付けになりました。「猫はとても特別で可愛く見えました。私は彼女に会わなければならないと強く感じました」とフランシスカさんが言いました。

『ビーン』という名前の猫は、トレーラーハウス用のパークを彷徨い歩いているところを発見されました。ビーンは全身に戦いの傷跡があり、多くの健康問題を抱えていました。保護施設のスタッフ達はビーンの命を救って、健康な状態へと戻しました。

スタッフ達はビーンに飼い主さんがいるかもしれないと思い、しばらく探しましたが、結局ビーンを自分の猫だという人は現れませんでした。その後、ビーンは里親募集の部屋に入り、新しい家族が現れるのを辛抱強く待っていました。

そんな中、フランシスカさんが保護施設のWEBサイトでビーンのことを知りました。「私はすぐに保護施設に電話をかけ、これまでに誰もビーンに興味を持たなかったことを知りました。私はその話を聞いて、彼女に会いに行くことをスタッフに伝えました。」

フランシスカさんは最初、ビーンが少し気難しい猫だと思っていましたが、出会うとすぐにその考えは変わりました。フランシスカさんがビーンのいる部屋に入った瞬間、ビーンがベッドから飛び降りてきて、嬉しそうに身体を擦りつけてきたのです。

フランシスカさんはそれからしばらくビーンと一緒に過ごすと、ビーンをその場に残していくことができなくなりました。一方のビーンもフランシスカさんのことが一目で気に入ったようで、愛情とナデナデを求めてフランシスカさんの後を追いかけ続けました。

そしてビーンはその日、ずっと夢見ていた家族と一緒に新しい家へと向かったのです。

「ビーンは家に着いた瞬間にくつろぎ始めました。彼女はソファーの上で横になり、満足そうに眠り始めました。そして何時間も眠って目を覚ますと、家中を探索し始めました。」

その日の夜、ビーンは人間用のベッドに飛び乗って、フランシスカさんの隣で丸くなって眠りにつきました。

「それ以来、ビーンは私のそばから離れません。私が夜遅くまで起きている時は、彼女は私が寝るのを待っています。」

ビーンは最初の数週間、フランシスカさんがいなくなってしまうことを恐れて、常にしがみついていました。しかし時間が経つにつれて、ビーンは自分がずっとこの場所にいられることに気づき、フランシスカさんがどこにも行かないことに気づいたのです。

「それからビーンはとってもお話し好きになり、今ではすっかり家の中の王女様です。」

「私が自宅で仕事をしている日は、彼女はお気に入りの場所ではなく、一日中パソコンの隣にいます。そして私が仕事に行く時は、窓辺に登って、私が見えなくなるまで見守ってくれています。」

ビーンはとってもハグ好きの猫で、いつも愛らしい姿で甘えてきます。またアヒルのぬいぐるみが大好きで、いつも一緒に移動しているそうです。

ビーンは毎日窓辺で外の景色を楽しみ、ハーネスをつけてフランシスカさんと一緒に散歩に出かけます。ビーンは好奇心が旺盛で、とってもお茶目で甘えん坊な猫なのです。

ちなみにビーンが台所でオリーブを見つけると、すぐに駆け寄ってきて、いくつかのオリーブを盗もうとするそうです。

「私はビーンのような猫に出会ったことがありません。彼女は元気でお話し好きで、愛らしくて可愛い猫です。」

ビーンはフランシスカさんが帰宅するとすぐに観察を始め、まるで影のようにフランシスカさんの後を追いかけます。「ビーンはバスルームにもついてきて、私が溺れないように湯船を見張っています。」

「ビーンは私の世界の全てで、永遠の恋人です。私がどれだけ彼女のことが好きかは言葉で言い表すことができません。彼女はその愛らしい姿で、いつも私にたくさんの力を与えてくれます。」

「ビーンは私の特別な存在で、最高の家族です。彼女が私を選んでくれたことに心から感謝しています」とフランシスカさんが幸せそうに話してくれました。
出典:bebbybeansproutlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう